相性

幼馴染みとの結婚の理想と現実

地元田舎に戻って結婚をする。

現 20 代男女の「超親ラブ」ぶりと関連するだろう。おもに、結婚しても親元の近くに住みたい、地元に戻りたいとする傾向だ。

マーケティングの世界では、 現アラフォー年齢ぐらいから下の世代の男女に、「圧倒的に地元志向が強い」との見方がある(サントリー次世代研究所ほか)。現 20 代も親ラブなだけでなく「地元大好き」な世代でもあるわけだ。

続きを読む

仲直りは隔離された状態に仕向けて二人の距離を縮める

仲直りするカップル。

恋人とケンカをして、それっきり、ひと月も連絡がない。どうしたのかな?なんとか仲直りしたいけれども……と悩む。

この場合の第三者のアドバイスは、だいたい次のようなものでしょう。「いつまでもこんな状態じゃラチが明かない。直接、会って、言いたいことを言ってスッキリするのが仲直りのコツよ」

もっともらしいアドバイスですが、元の 鞘 に収まりたいのであれば、相手に直接、会うのも一考を要します。

続きを読む

恋の願いを叶えるために相手のしぐさから本音を見抜く恋愛心理

相手を見抜いて恋を叶える。

心理学者のボウルビィは、人と人とが愛情を深めていく三つの要素を指摘しています。  ボウルビィの唱える愛着理論とは「微笑」「肌の触れあい」「視線」 の三つの要素で、 Smile, Skin-ship, Sight の頭文字から「3S」とよばれています。

もともとは親子関係の研究から生まれた理論ですが、これは男女の恋愛関係においても十分に応用できるものです。

続きを読む

恋の願いをかなえる要求を受け入れさせる心理的な駆け引き

恋する願い。

結婚したばかりの友人に新婚生活についてたずねたとします。友人の答え方には二通りあります。「お金はないけれども、幸せよ」「幸せだけれども、お金がないの」。

この答えを聞いて、どのような印象をもつでしょうか。たいていの場合、前者には「よかったね」という気分になり、後者には「こまったね」という気分になるのではないでしょうか。

続きを読む

相手との心の距離を縮める恋愛心理テクニック

男女の恋愛距離。

恋愛がうまく進展していけば婚約や結婚の段階へと進んでいきます。とはいうものの、「結婚」までたどり着かなかった、というカップルも珍しくはありません。

結婚したカップルには、どのような要因があり、結婚ができなかった婚約解消の憂き目を見たカップルの要因は、調査の結果、婚約後のカップルの居住地の距離に、大きな影響力があることがわかったのです。

続きを読む