恋愛コラム

相手との心の距離を縮める恋愛心理テクニック

男女の恋愛距離。

恋愛がうまく進展していけば婚約や結婚の段階へと進んでいきます。とはいうものの、「結婚」までたどり着かなかった、というカップルも珍しくはありません。

結婚したカップルには、どのような要因があり、結婚ができなかった婚約解消の憂き目を見たカップルの要因は、調査の結果、婚約後のカップルの居住地の距離に、大きな影響力があることがわかったのです。

続きを読む

相性が良いとは?恋愛相手の相性が良い要因がすぐわかる!

相性の良いカップル。

「彼とはウマが合う」と感じて、いっしょに遊んだり、話したりしているうちに、気がついたら、かけがえのない人になっていた。

このように、人と人との良好な関係は、いつの間にか気づいたら良い関係になっていた、というような、あやふやな要因が分からない意識しかもてないものです。

続きを読む

始まり方が悪い恋愛はこわれやすい凄まじい恋愛トラブル実際の例

不倫で悩む男女。

「会社の上司を私のほうから追いかけて、一年半交際した後に結婚した」奥さんである。だが、夫の愛人問題で今は苦しんでいる。

この奥さんは結婚できたときに「恋が実った」と思ったのが錯覚で、実は実っていない。 「主人はその女性と別れたと言いながら実はまだつきあっている」

続きを読む

恋の駆け引きに強くなる恋愛上手な女性になる効果抜群のポイント

想い通りの恋愛ができない女性。

私は、いつのまにか20代の恋愛を忘れた年齢になってしまった。

私が今までの恋愛経験から振り返れば、頭の中に恋愛の回路というものができると意中の相手を嫌いになることができなくなる。

次第に好きで好きでたまらなくなる。逆にいえば、相手に恋愛の回路が作られれば、あなたから離れられなくなる。この恋愛の回路が恋の駆け引きに強くなればなるほど、執着や愛情、憎しみや苦しみが生まれてくるのだ。

続きを読む

年上の男性と交際する女性が恋愛行動の幻想に縛られる理由

年上の男性に合う女性の精神行動。

恋愛しない若者たちの背後には、恋愛市場における女性の早期(早熟)体験と男女格差の広がりがある。

日本性教育協会の調査の、1974年から2011年までの計7回に渡る経年結果を見ると、74 年の段階ではキスや性交の経験について、いずれも男子高生が女子高生を4%ほど上回っていた。

たとえば、「キス経験あり」が男性 26%、女性で 22%、「セックス(性交)経験あり」が男性 10%、女性6%だ。

続きを読む

あなたの恋を支配する因果律が良縁を引き寄せるメカニズム

彼女が引き寄せられる男性。

この記事では、運命に関して思うことを、特に恋愛に特化して話しておきたい。

  • ある女性は、いつもダメ男ばかりを選ぶ
  • ある女性は、変な男にばかり惚れられる
  • ある女性は、最初はうまくいくのに、付き合うとすぐに飽きられる
  • ある女性は、飽きられなくなった代わりに、自分を偽り恋愛を楽しめなくなる
  • ある女性は、結婚適齢期を過ぎ、ダメ男を選ばなくなった代わりに、誠実だがつまらない男性と結婚し、やがて後悔する。

続きを読む

出会いで失敗しない理想的な男性の選び方5つのポイント

出会いで相手男性を見極める女性。

ほとんどすべての人は、感情や衝動にしたがって生きている。たとえば、理性で相手を選ぶ人など、この世の中にほとんどいない。

さらに女性はその傾向が強いと感じる。ダメな男に尽くしたり、尊敬できない相手と結婚し、強い苦しみや、ぼんやりとした絶望感の中で生きる女性は少なくないが、その原因も一時の衝動に従って行動してしまった結果という側面がある。

続きを読む