恋愛コラム

恋愛依存症の特徴4つのタイプの原因と克服方法

恋愛依存症という言葉が広まっていったのは、1975年にスタントン・ピールとアーチー・ブロドスキーが『Love and Addiction』というタイトルの本を著して以来であるといわれる。

彼らはあるタイプの恋愛は依存症の一形態として認められうること、また特に深刻なケースでは、そのような恋愛が依存性のある薬物の使用よりも時には大きな危険をはらんでいることを示唆したのである。

続きを読む

お試し婚も流行の兆し!同棲婚、お試し婚、事実婚の劇的な実例

同棲する若者。

若者が最も支持しているのは、「同棲婚(お試し婚)」。 独身の20代男性で4割弱(37%)、同女性では5割弱(49%)が「アリ。実践してみたい」と回答している。

「実践しないがアリ」も含めると、男女とも85%前後が肯定した。消費でも、失敗を嫌う20代男女は「まず試してみてから」 のトライアルを好む。通販の返品無料サービスや、お試しニュアンスのレンタル、シェアリング等が人気を呼ぶのも、ひとえに彼らが慎重だから。

続きを読む

幼馴染みとの結婚の理想と現実

地元田舎に戻って結婚をする。

現 20 代男女の「超親ラブ」ぶりと関連するだろう。おもに、結婚しても親元の近くに住みたい、地元に戻りたいとする傾向だ。

マーケティングの世界では、 現アラフォー年齢ぐらいから下の世代の男女に、「圧倒的に地元志向が強い」との見方がある(サントリー次世代研究所ほか)。現 20 代も親ラブなだけでなく「地元大好き」な世代でもあるわけだ。

続きを読む

最近増えてるコスパで選ぶ新たな今どき結婚スタイルの事例

結婚スタイル。

何ごともコスパで考えやすい現 20 代にさらに向くであろう「コスパ婚」の数々にふれたい。

常識的な結婚以上に割り切ったスタイルで、結婚生活の手間や費用、またはストレス等の面を鑑みると、「コスパでお得」と感じやすい。

一部には、法改正が必要と思われるものもある。ただ先進的な男女は、半ば「勇み足」でコスパ婚へと向かい始めた。その驚きの動向も含めて紹介したい。

続きを読む