恋愛コラム

お試し婚も流行の兆し!同棲婚、お試し婚、事実婚の劇的な実例

同棲する若者。

若者が最も支持しているのは、「同棲婚(お試し婚)」。 独身の20代男性で4割弱(37%)、同女性では5割弱(49%)が「アリ。実践してみたい」と回答している。

「実践しないがアリ」も含めると、男女とも85%前後が肯定した。消費でも、失敗を嫌う20代男女は「まず試してみてから」 のトライアルを好む。通販の返品無料サービスや、お試しニュアンスのレンタル、シェアリング等が人気を呼ぶのも、ひとえに彼らが慎重だから。

続きを読む

幼馴染みとの結婚の理想と現実

地元田舎に戻って結婚をする。

現 20 代男女の「超親ラブ」ぶりと関連するだろう。おもに、結婚しても親元の近くに住みたい、地元に戻りたいとする傾向だ。

マーケティングの世界では、 現アラフォー年齢ぐらいから下の世代の男女に、「圧倒的に地元志向が強い」との見方がある(サントリー次世代研究所ほか)。現 20 代も親ラブなだけでなく「地元大好き」な世代でもあるわけだ。

続きを読む

最近増えてるコスパで選ぶ新たな今どき結婚スタイルの事例

結婚スタイル。

何ごともコスパで考えやすい現 20 代にさらに向くであろう「コスパ婚」の数々にふれたい。

常識的な結婚以上に割り切ったスタイルで、結婚生活の手間や費用、またはストレス等の面を鑑みると、「コスパでお得」と感じやすい。

一部には、法改正が必要と思われるものもある。ただ先進的な男女は、半ば「勇み足」でコスパ婚へと向かい始めた。その驚きの動向も含めて紹介したい。

続きを読む

恋愛結婚という幻想から解放されるとき!男らしさ、女らしさは重要?

恋愛結婚に見切りをつける。

理由の一つ目は、生理的、科学的な矛盾だ。「恋愛は3年で終わる」というフィッシャー氏の説を紹介したが、正確に言うと恋愛には、次なる第2ステージがある。それを支えるのが、「幸せホルモン」「癒しホルモン」などと呼ばれる、セロトニンやβ(ベータ)エンドルフィン。

続きを読む

昭和の恋愛に縛られる現代の若者!なぜ恋愛しないのか?理由を解明

若者はなぜ恋愛しなのか?

日本性教育協会の調査の1979年から2011年までの計7回に渡る経年結果を見ると、74 年の段階ではキスや性交の経験について、いずれも男子高生が女子高生を4%ほど上回っていました。

たとえば、「キス経験あり」が男性26%、女性で22%、「セックス(性交)経験あり」が男性10%、女性6%にもおよんでいます。 ところが81年のバブル予兆期、双方とも男女の経験率が逆転しています。

続きを読む

恋愛はストレスフリーな付き合い!コミュニティ内恋愛は嫌われる

恋愛に求めているストレスフリーな付き合い。

常に周りの空気を読み、「みんな仲良く」を重視する現 20 代。彼らは、身内同士では恋愛したがらないのが特徴です。

仮にグループ(コミュニティ)内で三角関係や失恋、嫉妬などが発生すれば、仲間の輪が乱れてしまう。まして、バブル期の大ヒットドラマ『男女7人夏(秋)物語』(TBS系)のように、B子がA男とC男に言い寄られて、A男がB子とD子と二股をかけてケンカ、なんてことになれば、グループの存続さえ危うくなります。

続きを読む