昭和の恋愛に縛られる現代の若者!なぜ恋愛しないのか?理由を解明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
若者はなぜ恋愛しなのか?

日本性教育協会の調査の1979年から2011年までの計7回に渡る経年結果を見ると、74 年の段階ではキスや性交の経験について、いずれも男子高生が女子高生を4%ほど上回っていました。

たとえば、「キス経験あり」が男性26%、女性で22%、「セックス(性交)経験あり」が男性10%、女性6%にもおよんでいます。 ところが81年のバブル予兆期、双方とも男女の経験率が逆転しています。

女性がリードする恋愛関係

とくに近年は、高校生段階の男女格差が顕著になっています。同調査で11年の数字を見ると、「キス経験」では、男子高生37%に対し女子高生44%、「セックス経験」では男子高生 15%に対し女子高生24%と、7~9%も女子に水をあけられています。 ある調査でも、18 歳までにセックスを初体験した男女(独身)は、男性20%、女性24%とやはり女性のほうが上になっています。

そんななかで近年、同年代男性を「子どもっぽい」「頼りない」と見て、年上との「年の差恋愛」に憧れる20代女性も増えています。 「同年代の男子なんて、奢ってくれない、話はつまんない、キスもうまくない。付き合っても三重苦なんですよ!」あまりの物言いに目を丸くするほどです。

4年前、恋愛に関する話として、20 代前半(当時)のOL3人に話です。驚いたのは3人全員が20歳前後も年が離れた、40代男性(うち2人はバツイチ)と交際していたことです。

ある調査でも「50代男性との結婚はアリ」とする女性が、5人に1人(扶桑社)。20代女性の半数近く(45%)が「10 歳以上の年の差でもOK」と答えています。 さすがに20、30 歳近い年の差を乗り越えて結婚となると、芸能界でも加藤茶や石田純一など一部の俳優・タレントに限られています。

それでも「10 歳以上」の年の差婚は2000年代に入って伸び始め、ある結婚相談所の調査では「結婚相手が11~15 歳年上」の女性が5年の間に、13%から38%にまで増えています(アルパ)。

厚生労働省の調査でも2005年以降ずっと、「夫が7歳以上上」が初婚カップルの1割を超えています。

昔から、大人への成長過程で、若い女性が年上男性に惹かれる傾向はあったろうと思われます。ただ、それだけでは説明がつかないほど、近年若い女性が目に見えて「年上男性」を求め始めているのです。いったい理由は何なのか。 実はそこに、恋愛革命の二つ目、いまの20代男女が悩む「男女平等社会」と「男女不平等恋愛」のギャップやジレンマ が隠れているのです。

日本だけじゃない、男性の草食化

女性は10歳前後で、脳が合理的・効率的な働きを始めるが、男性は20歳頃になるまでその働きをしない……。13年、イギリス・ニューキャッスル大学の博士、マーカス・カイザー氏は、男女の脳の発達に関する研究から、この衝撃的な結果を発表しました。それまで、多くの学者が「3~6年程度」としてきた男女の精神年齢の差を「約10年の開きがある」としたのです。

精神性だけではない。先のとおり日本では、キスやセックスといった恋愛行動も近年、女性の早期化や積極性がクローズアップされています。かたや、若い男性は「恋愛行動を起こさない」「経験値が低い」「草食系だ」などと揶揄されている状況なのです。

ところが、こうした「草食化」傾向は、どうやら日本だけのものではないらしいのです。 以全米でも01年の「9・11(同時多発テロ)」や08年のリーマンショック以降、草食系や「結婚しない男」が増え、「いまやわが国(米国)でも、若い女性たちが『いい男が見当たらない』と嘆いている」と報告があります。当時ヒットしていたのが、米作家のケイ・ハイモウィッツ氏による著書『Manning Up(男らしくしなさい)』

ちなみにアメリカで29歳まで未婚の男性は、1970年にはわずか 16%だったのに、2010年にはなんと55%まで急増していたのです(Japan Real Time』)。社会的閉塞感に影響される男性。選択肢が広く逃げ道もある女性では、これら一連の「男性の草食化現象」はなぜ起こったのか。 三重大学教育学部教授で、若者の「恋愛離れ」なども研究する南学氏は、「一般には男性のほうが、社会的閉塞感の影響をもろに受けやすいため」と指摘しています。 南氏は、日本の若者の社会的閉塞感が「恋愛離れ」にどう影響しているか、それを男女別に調査・研究したことでも知られています。

そこで南氏は、大学生男女271人をそれぞれ「恋愛群」「恋愛希求群」「恋愛不要群」に3分類し、男女の違いや閉塞感、将来への展望などとの関連性を見ました。 すると、恋愛状況そのもの(恋人あり・なし)に大きな男女差はなかったが、予想以上に差が開いた項目があったといいます。

一つは、女子大生のほうが男子大生に比べ、概して将来への展望が明るく、「努力して人生を好転させよう」との人生観が強かったこと。もう一つは、恋愛イメージがネガティブで「恋愛は不要」とする男子大生においてのみ、「自己沈潜的人生観」、すなわち「他者と関わらず、自己ひとりの(趣味など)内面生活を充実させたい」とする考え方が、突出して多かったことです。

南氏は、結果から改めて見えた「のびのび生きる女性」と「社会的閉塞感をもろに受けやすい男性」の差異について、「女性の〝逃げ道〟」という言葉を使って説明しています。「これだけ男女平等が叫ばれる社会でも、就職して仕事、の段階では、女性には『いざとなれば結婚』や留学、フリーランスといったカムフラージュや〝逃げ道〟がまだ用意されているのです。

でも男性は相変わらず「大企業」や「正社員」といったプレッシャーを受けています。その差が恋愛にも、少なからず表れている」 またフリーターも、現実には女性のほうが多いのに、世間的には「四畳半でカップ麺をすすっている内向きな男性」のイメージだと南氏は言います。

20代で同じようにニートでも、女性には「家事手伝いです」と対面を保つ表現がある。この違いは大きいといいます。 昨今は、若い女性の間で「専業主婦願望」も再び高まりを見せている。厚生労働省の調査(13年)によると、15~39 歳の独身女性の3人に1人が「専業主婦になりたい」と回答しています。語弊を恐れずに言えば、これもある種、若い女性たちの〝逃げ〟の表れかもしれません。

ただ、女性が逃げてばかりでラクをしているのか、と言えば違います。和光大准教授の高坂氏は、「女性は男性に比べ、大学進学や就活の段階で、多くの選択肢から1つを『選ぶ』という難しい作業を強いられる」と指摘しています。だからこそ、青年期の女性は男性より精神的成長が早い、とも言います。

自立や自我発達についても研究する高坂氏は、その研究から、人間のアイデンティティ(自我)確立には「選択と努力」が欠かせないと話しています。すなわち、何かのなかから自分自身で「これ」と1つに決め、その実現と達成に向けて力を尽くす作業なのです。 表面上は「男女平等」に見える社会でも、 男性は相変わらず「就活・仕事はこうあるべき」といったステレオタイプの男性像を強いられています。

これは大きなプレッシャーになる反面、選択肢は非常に限られているため、早い段階で「選択」に悩むことは少ないのです。 ところが 女性には、逃げ道も含めた幅広い選択肢があります。とくに昨今は、結婚・出産後も働く女性の推進に向けて、国や大学が「いつ結婚・出産、職場復帰するか」といったライフコース設計やキャリアマネジメント教育を強化しています。

進学や就活の段階で、すでにその後の結婚や出産を見据え、「専門学校でネイリストの資格をとれば、結婚後も自分のペースで働けるかも」や、「出産後も大阪の実家の近くに住みたいから、転勤がない企業に就職しよう」など、かなりロングスパンで計画を立てる10、20 代女性もいるほどです。

ちなみに、たとえば、広島大学大学院・教授の岡本祐子氏のアイデンティティ研究などによれば、女性は進学や就活(就職)以外にも「結婚(で苗字が変わる)」「出産」「職場復帰」「閉経」など、その後もさまざまなシーンで自我の再構築を求められるが、男性は就活段階で、たまたまネガティブな選択をした場合、あとは「転職」や「リストラ」「定年」くらいしか「選択と努力」を無理強いされる場面がないのです。

閉塞感や自由度が低い代わりに、女性に比べて大人になるきっかけも少ない、というわけです。 元来、男性のほうが精神的な成長が遅いうえ、最近はキスやセックスなど恋愛体験も、女性が男性より早期化しています。さらに男性が社会的閉塞感の影響などを受けて「草食化」する一方で、女性は幅広い選択肢からロングスパンで未来計画を立てる……。

こうなると、若い女性は昔以上に同年代の男性を「子どもっぽい」「頼りない」と感じやすいだろう。また、良し悪しは別として、最近はネットやSNSを介して年上男性とも繋がりやすいため、冒頭の年の差恋愛(結婚)願望が実現しやすい側面もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。