相手との心の距離を縮める恋愛心理テクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
男女の恋愛距離。

恋愛がうまく進展していけば婚約や結婚の段階へと進んでいきます。とはいうものの、「結婚」までたどり着かなかった、というカップルも珍しくはありません。

結婚したカップルには、どのような要因があり、結婚ができなかった婚約解消の憂き目を見たカップルの要因は、調査の結果、婚約後のカップルの居住地の距離に、大きな影響力があることがわかったのです。

居住地が近ければ近いほど結婚率は高く、遠ければ遠いほど婚約解消のケースが増えています。

近くに住むことで愛情が深まる

適齢期の男性が仕事で地方に赴任するとき、交際中の女性と急いで結婚し、夫婦で赴任するという形をとるケースがあります。調査の結果をみれば、この決断は正しいのです。

2~3年後、本社に戻ってから結婚をなどと構えていては、その間に破局が訪れる可能性は非常に高いのです。

厚生省がおこなった配偶者の居住地に関する調査があります。これによると、配偶者のそれぞれの結婚前の居住地は、大都市では25.1パーセントが同一区町村であり、64.3パーセントが同一市郡の居住者同士でした。

配偶者の居住地に関する調査。

近くに住む人同士の結婚率は非常に高い

心理学者ボサードは、アメリカでこうした調査結果の裏付けとなるような研究をおこないました。

その結果、婚約したカップルの互いの居住地の物理的距離が離れていればいるほど結婚に到達する確率は低いというデータを得て、次のような法則を提唱しています。

「結婚をする確率は、婚約を結ぶ両者の距離が増大するほど、着実に驚異的に減少する」

破談になったケースの特徴は、二人の居住地の物理的距離が、離れていたことです。さらに、この居住地の物理的距離に応じて、二人の心理的距離も離れていってしまったのです。

実際、離れて住んでいれば、自然に二人が顔を合わす頻度は少なくなります。たとえば二人とも東京に住んでいるならば、電話一本ですぐに会うこともできます。毎日のように顔を合わせることも可能です。

しかし、東京と北海道というように離れて住んでいれば、毎日顔を合わせることはできません。会おうとすれば、大変な労力と時間とお金を費やして移動することになります。

デートのための代償が大きく、お互いに次第に負担になり愛情が冷めやすい環境です。  近くに住んでいれば、よく顔を合わせ、お互いの気持の確認もでき、親密度も増します。

出会いから結婚までがスムーズに展開する環境

居住地の距離は、二人の心理に大きな負担をかけます。好きな異性ができたら、相手の住んでいる町に引っ越すことは、とても展望の開ける方法です。

お互いに負担なく顔を合わせることができるようになるからです。恋愛の環境づくりは引っ越しから始まるともいえそうです。

また、ボサードの法則は、デート中の二人についてもあてはまります。親密な恋人同士ほど、相手に密着するものといわれています。

初めてのデートで、まだ親しみが湧いていないカップルは、相手とは少し離れていることからも、それがわかります。

そばにいるからこそ好きになる

人と会うとき、私たちはその人との親しさの度合いに応じて、無意識のうちに適度な距離を保っています。対人場面では「距離」の問題は重要で、同じ人であっても遠近の差で、イメージは大きく変わるものです。

ラッシュアワーの通勤電車の中で、知らない人の顔が目の前30センチのところにあったら不快です。「いやだな、何とかならないかしら……」と、イライラしてきます。

ところが同じ人でも、喫茶店などでテーブル一つを挟んで向かい合えば、不快には思わないものです。

ある程度、気心の知れている異性と二人きりになったとします。けれども、その異性がよそよそしいぐらいに遠く離れていたら、不安になるはずです。「自分のことが、嫌いなのだろうか」と、落ち着かない気持ちになります。

人と人には、お互いにちょうどよい距離がある

大ざっぱにいえば、親しい人とは近づき、親しくない人とは離れている。当然のことです。

こんな実験がありました。一人の女性が、一定時間、二人の男性と会話を楽しみます。ただし、この間、一人の男性は女性と50センチの距離、もう一人の男性は2.4メートルの距離を保っています。

実をいえば二人の男性はサクラで、一定時間三人で会話を楽しんだ後、女性に、「どちらの男性に好意をもったか」という質問をしたのです。

二人の男性は、話の内容、話し方、ハンサム度など、魅力度はほぼ同程度の人です。ですから、女性がそれぞれの男性から受ける印象の差は、距離の差ということになります。

何例もの実験の結果、被験者の女性は圧倒的に、「50センチの距離にいた男性」に好意をもったということです。

親しい人とは近くにいる意識は誰もがふつうに理解できるものです。この研究結果はそれに加えて、近くにいるから親しくなると教えてくれているのです。

「親しいけれども離れている」「離れているけれども親しい」というケースも、実際にはあると思います。が、これは一般感覚とはいえないものです。

一般的には、「親しいから近くにいて、近くにいるから親しい」 のです。相手のそばにいる、これは、恋愛が生まれる一つの要因です。特別な言葉を交わさないにしても、親しくなる要因であることは間違いありません。

結婚式の披露宴などでも、初対面だったとしても同じテーブルで並んで座れば、その人とは何らかのコミュニケーションを交わすはずです。それが親しくなるきっかけになります。

ところが、違うテーブルに座っている人とは、言葉を交わすチャンスもないことが多いはずです。「その他大勢」といった感覚でしかみないものです。

逆に、立食パーティで自由に談笑、移動ができるのであれば、相手のそばにいることは恋愛の初歩的ノウハウになります。「近くにいる」だけで、チャンスは生まれるのです。

近くにいる人に親しみをおぼえるのが、人の心理です。逆に、いつも相手から遠く離れていたとしたら、どうでしょう。「彼女はボクを避けている」「彼は私のことを嫌いらしい」と思われてしまうかもしれません。

離れていても、視線が二人を結びつける

物理的距離と心理的距離の関係を調べるため、次のような実験をおこないました。

女性にある男性と見合いをしてもらいますが、その前にこの男性のビデオを見せます。ビデオは二本用意されていて、一本は他人と話していても非常にとっつきにくい態度のもの、もう一本はとても好感のもてるものです。

女性には、このうちの一本だけを見てもらってから見合いをしてもらい、そのときの女性が座る位置を調べて距離を測るという試みでした。

結果は、好意的な態度のビデオを見た女性は、男性から遠く離れて座りました。今までご紹介した論理でいけば「好意をもっていれば近づく」はずなのですが、そのようなデータは得られなかったのです。

なぜだろう? と、実験後、被験者の女性たちに取材すると、ここには女性独特の心理が作用していたことがわかりました。

ビデオを見て好意をもった男性に対して、見合いの席でさらに近づいては、自分の気持ちを
露骨に出しすぎなのでは?という羞恥心から、女性たちは逆に遠く離れて座ったのです。

好意をもっているという本心をさらけ出すことへの心理的抵抗

異性に特別な感情をもってしまうと、逆に近づけない、というのは、消極的ともいえますし、慎み深いともいえるでしょう。

しかし、相手と親しくなりたければ(実際には、会話の量、会話のセンスなど、二人が親しくなる要因は多様ですが)、とにかく近くにいることが恋愛を発展させる有効な法則なのです。

好きな相手のそばに行く勇気がない

このタイプの人は、その異性との恋愛をあきらめなければならないのかといえば、これを補う方法があります。

視線です。視線と距離には、相補的な関係があります。二人がある程度、離れていても、視線を多く合わせることによって親しさを補うことができる。 また、そばにいれば、視線を合わせなくても、親しさを補うことができるのです。

映画のラブシーンでは、恋人同士が抱き合い、さらに視線を合わせています。距離はゼロの状態で視線を合わせているのですから、親しさにあふれ、これ以上ないロマンティックな状況です。

観客が思わずうっとりしてしまうのは、これが最高の恋愛シチュエーションだと想像できるからでしょう。

逆に、二人の距離も遠く、視線も合わない状態なら、この二人はまったく縁がないといってもいいでしょう。実際、ただ遠くを素通りしていくだけの人には、誰も関心をもたないものです。

視線は親密度を深めていく武器

日常生活においては、いつも映画のラブシーンのような最高の親密状態を続けるわけにはいきませんし、アツアツの恋人同士といえども、物理的距離が離れるのは当然です。

いくつか、シチュエーションを想像してみましょう。喫茶店で向かい合っているぐらいの距離で、視線をじっと合わせている。これはかなり強烈な恋愛シグナルです。離れている分だけ、視線を合わせる頻度と時間は多くなります。

あるいは、テーブルの角をはさんで90度の角度で座ったとします。お互いに相手と視線を合わせる頻度も時間も少なくなったけれども、物理的距離は近づきます。

横に並んで座ることもあるでしょう。この場合は、視界から相手が消えるのですから、視線を合わせることもほとんどありません。しかし、二人の距離はほとんどゼロの状態です。

視線はそばにいる状態ならばそれほど必要ではないにしても、二人の距離が離れれば離れるほど、威力を発揮するのです。

視線は二人の距離のマイナス面を補充する働きがあります。 相手に近づくことができないなら、絶えず視線を送ることで、心の距離を縮めることができます。

視線について、大切なことがあります。お互いに好意をもっている男女の会話中の視線の動きには、微妙な違いがあります。

男性は話を聞いている(相手が話している)ときに相手の目をよく見ます。逆に女性は、自分が話している(相手が聞いている)ときに相手の目をよく見るのです。

ですから、あなたが女性なら、彼が話をするとき自分から視線をはずすからといって、「自分には好意をもっていない」などと心配する必要はありません。

「目は口ほどに物を言う」とよく言いますが、「目は口ほどに物を言う」とよく言いますが、実際には、 目は「口以上に」相手に本心を伝えることができます。

口で言えなければ、せめて「目で語る」努力をしてほしいものです。

なわばりからの距離で親しさがわかる

人は自分なりのなわばりをもち、自分に近づこうとする人に対して快適な空間を要求しています。通勤電車の不快感についてはふれましたが、これはなわばりのバリアが破られている状態です。

無意識のうちにお互いに快適ななわばりを確保している

自分のなわばりに他人が勝手に入ってくるからこそ、不快なのです。ある実験が、バス停留所のベンチでおこなわれました。3.6メートルのベンチの端から30センチのところに実験者が座っている場合、人はこのベンチのどこに座るか、という実験です。

座る場所によって、その人のなわばり意識がわかるのです。結果は、このベンチに来た人の4分の3は2メートル以上離れて座りました。

また、この中の半数以上の人は、自分と実験者のあいだに本や鞄を障害物として置いたのです。

これは、ここまでのスペースは自分のものだと、隣に座っている実験者に対して主張する行動です。ここからこっちは不可侵ですとサインを出しているのです。

この実験では、三人目に座る人、つまり二人の間に割り込もうとする人はいませんでした。  このシチュエーションでは、もしも三人目がベンチに座ったとしたら全員が不快になるはずです。

だからこそ、三人目の人は不快感を避け、ベンチに座ろうともしなかったのです。物理的距離と心理的距離は密接な関係にあります。心理的に親しくもないのに、相手のなわばりに侵入すれば、相手は不快になります。

また、なわばりは親しさの度合いによって、狭くもなり広くもなる という性質をもっています。

物理的距離と心理的距離の相関関係8つのゾーン

  1.  密接距離─近接相(0〜15センチメートル)
    愛撫、格闘、慰め、保護のために利用される距離。かなり親しい者同士が使う距離であり、言葉によるコミュニケーションの役割が小さくなる。
  2. 密接距離─遠方相(15〜45センチメートル)
    手で相手の体に触れることのできる距離。親しい者同士が利用しており、混んだ乗り物の中で敬遠される距離で
  3. 個体距離─近接相(45〜75センチメートル)
    相手を抱いたり、つかまえたりすることのできる距離であり、相手の表情がよくわかる。配偶者がこの距離に入るのは自然であるが、他の女性がこの距離に入ると誤解が生じる。
  4. 個体距離─遠方相(75センチ〜1.2メートル)
    両方が手を伸ばせば相手の体に触れることのできる距離。個人的用件の際に利用される。
  5. 社会距離─近接相(1.2〜2.1メートル)
    身体的な接触の限界をこえた距離であり、仕事をするとき仲間との間におく距離。この距離に立って人を見下すと威圧効果がある。
  6. 社会距離─遠方相(2.1〜3.6メートル)  形式ばった仕事上の話の際に利用される距離であり、他人を気にせず自分の仕事ができて、他者の迷惑にならない距離。夫婦が居間でこの距離に座っていると、それぞれ別々なことができる。
  7. 公衆距離─近接相(3.6〜7.5メートル)
    四メートル前後の距離では、多少の質疑応答があり、話し手と聞き手のあいだにわずかなコミュニケーションの余地が残されている。
  8. 公衆距離─遠方相(7.5メートル以上)
    講演や演説の際に利用される距離であり、個人的なやりとりが困難となる距離。

以上8つの距離を目安にすれば、相手との心理的距離、親しさの度合いも見当がつくはずです。こうした距離を念頭において相手と接するように心がければ、わざとらしくなく、ごく自然に親しくなれるでしょう。

体が近づけば心も近づく

デートを繰り返すたびに、二人の距離は短くなっていきます。初めてのデートではテーブルをはさんで食事をしたけれども、二回目のデートではカウンターに座りお酒を飲む。これだけでも、二人の距離は近くなっています。

三回目では、肘と肘が触れ合うぐらいに近づくかもしれません。二人の距離が近づいていくのは、親しさが深まっていくからです。

親しさの度合いは、デート中の二人の距離でわかる

この相関関係がわかれば、恋愛もスムーズに展開するはずです。距離は男女間においては大きな意味をもっています。 特に関心がある相手でもないのに、何かの拍子に「異性」を強く感じてドギマギしたことが、あなたにもきっとあるはずです。

そのとき、その異性とは、たまたまホールが分類した「密接距離」の内に入っていたのかもしれません。距離は相手の心理に大きな影響を与えるものなのです。

また、何回かデートしたけれどもなかなか親しさが深まらない、というケースもあるはずです。

お互いのなわばりの境界線が触れ合っているだけで、それより内に入り込めず、関係が 膠着 状態になっている。実は、このような二人の心理的な距離を縮める方法は意外に簡単です。

二人の 物理的距離のバランスをあえて崩し、相手のなわばりに一歩踏み込むだけで、効果はあらわれます。 距離が近づけば、その分だけ、心理的にも一歩、相手に近づくからです。

いつも少し離れて歩いていた二人なら、今日からは、並んで歩くときは肩や肘が触れ合うぐらいまで近づきましょう。お酒を飲むときはテーブルではなく、カウンターに並んで座ります。ベンチに座るときも、できるだけ相手とのあいだを空けずに座りましょう。どれも、デート中なら、自然な形でできる動作です。

ただ、相手のなわばりに侵入するのですから、相手の反応を確かめながら徐々に距離を調整する細心さが必要 です。また、その場合、 相手の正面からではなく、左右か後ろから近づいていくのが無難です。

というのは、個人のなわばりのスペースは体の前後左右で違い、前方でもっとも広く、後ろ側ほど狭いからです。

これは、真正面からよりも、左右か、やや後ろから近づいたほうが、相手に不快感を感じさせずに、より近くまで近寄れるということがわかっているのです。

その距離については、下の図を参考にしてください。

接近者が異性と同姓の場合の違い。

相手に近づくことが無言の告白になる

街を歩く恋人たちを観察すると、肩と肩とが触れ合うぐらい寄りそっているカップルもいれば、前後に一メートル近く間をあけて歩いているカップルもいます。

物理的距離は心理的距離のあらわれ

二人の距離を見れば、そのカップルの恋人度、親密度は想像がつくはずです。

アメリカで、カップルの恋人度、親密度を測る実験がおこなわれました。ダウンタウンを歩いている18歳以上のカップルをターゲットにして、正面から実験者がどんどん近づいていく。

そのときのカップルのよけ方を観察するのです。よけ方は二つあります。

  1. カップルが並んだまま一緒に左右のどちら側かに移動する方法
  2. 二人が左右に分かれて実験者に道を譲る方法です。

前者のよけ方ならば、恋人度が高く、後者のよけ方ならば恋人度は低いというわけです。

簡単に他者の侵入を許すようなカップルは、二人があまり親しくないか、そろそろ別れる可能性のあるカップルと考えてもいいでしょう。

実験は同時に、男と男、女と女のペアについても同じようにおこなわれました。結果は下の図のとおりです。

男女のカップルは並んだまま一緒に移動する。

男女のカップルは並んだまま一緒に移動する場合が多く、男同士では左右に分かれるケースが多いことがわかります。

女同士は、この中間といったところです。この結果から、同性同士に比べて異性のカップルは親密度が高いこともわかります。

この実験を意識的におこなえば、相手の思わぬ本音を探ることも可能です。人混みの中で歩くとき、通行人が自分と相手との間に来るように進路を取り、自分は何の意志も見せず、その通行人をどのようによけるかを相手に任せるのです。

あなたの好きな人が自分から離れて通行人が二人の間を通るように促したとしたら、まだ、心理的な親密度は低いといえます。

逆に、あなたのほうに近づいてよければ、親密度は高いと判断できます。

この方法は、あなたの意志を相手に伝えることにも利用できそうです。障害物に対して、相手から離れてよけるか、相手に密着してよけるかが、相手に対する無言の意志表示となるのです。

口でははっきり言えないことでも、こうした行動を通して、さりげなく、なにげなく、自分の気持ちを相手に伝えることができます。

ときには、通行人を避けるようなふりをして相手の体に触れたり、腕をつかんだりして、親近感を伝えるのも効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。