男性脳の女性脳の特徴の違いを見分けて親しくなる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
男性脳と女性脳の違い。

男性と女性の思考の仕方は、それぞれ異なります。それは、次のような理由とされます。

人間の脳には「右脳」と「左脳」があり、「右脳」は感覚的、空間的なとらえ方を得意とする脳で、「左脳」は言語的、数学的、論理的なとらえ方を得意とする脳とされています。

男性脳と女性脳の違いとは?

この「右脳」と「左脳」の間は、「脳梁」という神経線維の束で結ばれています。この「脳梁」が、女性の場合は太く、男性の場合は細いのです。

そのため、会話の時には、男性よりも女性のほうが、「右脳」と「左脳」の両方をバランスよく使い、男性は「左脳」のはたらきのほうのみが支配的になっているといわれます。

女性が感覚的・感情的な思考をしがちで、男性が論理的な思考をしがちというのは、このへんに理由があるとされるのです。

したがって、女性同士の会話は、感覚的で感情的、お互いの共感が重視されるのに対して、男性同士の会話は、論理的思考が中心になるため、理屈や根拠が重視されています。

たとえば、女性同士の会話だと、お互いに共感し合うことがとても優先されます。

「今日は何だか疲れちゃった。私ねえ、早く帰ってお風呂にゆっくり入りたい気分」
「あ、私もそう。何か気疲れしちゃったのかな、今日は。私も肩凝っちゃってるの」

男性同士の会話だと、自分の理屈が優先され、張り合うような要素さえうかがえます。

「今日は、午前中のくだらない会議のせいで疲れたよ。ああ、早くビール飲みたいな」
「うちの会議は、部長の話が長いからな。議長役がバシッと仕切らないからだよ」

このように女性の会話は、一見脈絡なく聞こえ、男性のように理屈や原因にこだわらないわけです。こんな違いのある男女ですから、男女が会話する時には注意が必要なのです。

「男女の会話」で気をつけるべきこと!

男性は、女性と会話する時には、「共感重視」に気配りしなければいけません。反対に女性は、男性と会話する時には、「論理重視」に気を遣わないといけないのです。

そうでないと、次のように会話が中断してしまいます。

「今日は何だか疲れちゃった。私ねえ、早く帰ってお風呂にゆっくり入りたい気分」
「へえ? 何で疲れちゃったの? あ、そうか、午前中の会議が長かったからだろ?」
「うーん、何でかなあ。それもあるかもだけど……」
「会議が長かったから、疲れたんだよ。会議のあった日はいつもそうじゃないの?」
「え? そうかなあ、それは、わからないけど……」
「ちゃんと原因を分析して、対処法を考えとかないと、また同じことになるよ」
「うーん、そうかもだけどね…(会話がしぼむ)」

女性は、「疲れちゃった」というセリフに、男性から「疲れちゃったの?大丈夫?」などと共感してほしかっただけですが、男性は、その原因や理由をすぐに分析したがります。

これでは、男女の会話は嚙み合わなくなります。お互いの思考の違いをよく認識しておくことが、男女のコミュニケーションには必要不可欠でしょう。

男女の会話では、男性は女性の話を受けて、すぐに理由や原因を聞き、会話の主導権を握りたがります。つまり、聞き上手でない傾向が強いことを自覚すべきでしょう。

男性でも「女性脳の人」、女性でも「男性脳の人」がいる

男女の思考法には、こんな違いがありますが、実は男性でも「女性脳」、女性でも「男性脳」の人は少数ながらいます。

見分け方は、会話の仕方で見当がつくものですが、指の長さの比較で判別できるという知見もあります。

人差し指が、薬指より短いのが、「男性脳」の特徴で、男性はほとんどが、こうなっているはずです。

しかし、男性でも、人差し指が薬指と同じか、薬指よりも長い「女性脳」の人はいるのです。

これは、ネズミが胎児の時に男性ホルモンのテストステロンを多く浴びると、人差し指が薬指より短くなるというイギリスの心理学者ジョン・マニング博士の有名な研究によるものです(二本指の法則)。

ただし、ネズミの研究なので、人間には当てはまらないという指摘がある一方で、蓋然性は高いとする人も多いので、真偽のほどは、周囲の人の指を見てご判断ください。

外見 に 自信のない人が魅力的に輝く方法

美女やイケメンのような優れた「外見」は本当にトクなのか?

外見に自信がない人は、引っ込み思案になりがちです。外見に自信がないだけで、自分に対する、あらゆる自信までも見失いがちだからです。

しかし、これには大きな誤解があります。すでに紹介しましたが、イケメンや美女がモテるというのは、出会い頭の最初の瞬間にすぎないからです。

初対面時の「最初」だけは、優れた容姿に注目が集まり、その輝きも群を抜きますが、その後の会話を通じて、人物の内面も顕わになってくると、「それほどでもない人物だな」などと、むしろ減点されていくケースも少なくないからです。

「優れた容姿」という外見の要素たった一つで、内面まで含めた人間性すべてが、優れて見えるという「ハロー効果」は、時間の経過とともにそのメッキも剝げやすいからです。

最初の期待値が高かった分、落差も大きく感じさせられます。話をしてみたら、知性が乏しい感じ、性格もイマイチ爽やかでなかった、学歴もパッとしないし、勤務先の収入も少ない感じの人だったというのは、往々にしてあります。

外見での「ハロー効果」は、視覚に訴えるため、最初こそ強力なパワーを放ちますが、その優れた外見から受けるイメージは、内面のアピールのほうでフォローできるかといえば、最初に強いインパクトがあった分、よけい難しくなるともいえるのです。

むしろ、あとからジワジワ際立ってくるのは、性格や知性などの「内面的要素」や地位や肩書、信用、知名度、経済力などの「社会的要素」の「ハロー効果」のほうだからです。

人間を構成する要素は、むしろこちらのほうが、はるかに価値が高いでしょう。容姿などの外見は、年齢とともに劣化しますが、「内面的要素」や「社会的要素」は一生ものです。

つまり、外見は、イメージ変換でどうにでもなるものにすぎないわけです。

外見のイメージはスキル次第でいくらでも変えられる!

インターネットで、「変身メイク」と検索するだけで、さまざまな女性が、美女に変身する姿が見られる時代です。

女性は、化粧や髪型、あるいはコンタクトレンズやメガネ装着で、変幻自在に外見を変えていることが窺えます。

この素晴らしい熱意と情熱、その努力には敬服あるのみです。ぜひ、容姿に自信のない人も参考にして自信を取り戻しましょう。

ハゲ・チビ・デブの男性でも簡単にモテるようになるアイテム!

ところで、女性と違って男性のほうは、こうした部分的なオシャレには意外に淡泊です。

ジムでトレーニングして、筋肉ムキムキになるとか、若ハゲをカバーするヘアー用品を身に付ける、身長を高く見せるためにシークットブーツを履くといったケースはあるものの、どちらかといえば、自分の外見に、それほどこだわっていない人も少なくないのです。

しかし、これは、研究する余地が十分あるのです。ちなみに、各種の女性向けアンケートを見ても、女性は男性の筋肉ムキムキ体型にほとんど憧れてもいませんし、ハゲやチビ、デブにもそれほどの嫌悪感は抱いていません。

女性の男性へのこだわりの第一は、一貫して「清潔感があること」に集約されるのです。

ゆえにハゲでもチビでもデブでも、汚らしく見えるハゲ・チビ・デブは、NGなのです。ハゲの人でも、かっこよく見えるバンダナを頭に巻いて髭をはやす。

チビの人はエンジニアブーツでボトムを盛り、短パンを履かないようにすれば渋い感じに決められます。

デブの人は、夏場は特に、半そで短パンで汗をダラダラ流していると不潔そのものに見えますから、制汗剤をつけて長袖シャツに代え、黒系のフォーマルな服装を心がければ、デブ体型も引き締まって見え、黒縁眼鏡をかければインテリにも見えるのです。

男性吸引の女性の究極ワザは「エロス・イメージ」の演出!

女性が簡単に、男性を吸引したい時に覚えておきたい注目ワザは、何といっても、ずばりエロス・イメージを醸すことです。

男性は、女性と違って、視覚で欲情するからです。好きな男性の前では、生身の肌を見せることです。

肩、二の腕、膝上スカート、胸元の開いた服装、冬場なら黒の透けたストッキングで肌の肉感が見えるものがよいでしょう。

シャンプー系やフローラル系の香水をさり気なく漂わせれば、男性を惹きつけられます。

なお、男性でも女性でもそうですが、服装や持ち物には、どこかに赤色部分があると、セクシーに見えるという色彩心理学の研究もあるので、これも心がけるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。