意中の異性に気に入ってもらうための心理学を用いた効果的な接近方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
自分が使うデスクに手を加える。

男性同士は、お互いのボディタッチを、できるだけ避けているのが普通です。男性は、同性から自分の体を触られると、本能的に「脅威」を感じるからです。

ボディタッチ

男性上司が、男性部下の肩を軽く叩いて激励するシーンなどを、職場でたまに見かけますが、上司だから許されているだけで、対等の関係であれば、自分より「優位性」を強調される、こうした行為は本来「NG」になります。

男性同士は、ライバル心がはたらくため、せいぜい握手したり、何かで喜んでハイタッチを儀礼的に行うぐらいが、本能的な許容範囲ということなのです。

団体スポーツなどで、同じチームメンバーが、肩を組み合い気勢を上げるシーンもありますが、「対等な仲間」という意識を醸成する慣例的な儀式に他なりません。男性同士は、自分のほうが「格下」と感じさせられるため、相手からのボディタッチを嫌うのです。

女性同士のボディタッチには深い意味が込められている!

ところで、女性同士の場合は、男性同士の場合と違い、同性同士でも、ボディタッチは割と平気で行われます。

女性の場合は、女性同士でつねに共感・協調していたいという本能があるために、仲の良さの確認や、周囲へのアピールも含めて、ボディタッチを行うことがあるからです。

女性同士のボディタッチには、次のような意味が込められています。

  1. 好意の表明
  2. 相手の反応の確認
  3. 単独でないことの確認
  4. 周囲への主張

女性から男性への「ボディタッチ」は最強の武器になる!

このように、男性同士と女性同士では、ボディタッチの意味も異なります。しかし、不思議なことに、男性は、女性からのボディタッチだけは大好きです。

胴体に触れられる、手をつながれる、腕や二の腕にタッチされる、服を引っ張られるなどで嬉しくなるのです。女性からまとわりつかれることは大歓迎なのです。

自分が頼られているという気にさせられるからで、その理由は実に単純です。自分が好かれているという満足感にも浸れます。

男性は、本能的には、女性にボディタッチしたいという願望がありますが、それはセクハラになりかねないため、つねにぐっと抑えているものです。

にもかかわらず、女性のほうから触ってきてくれるというのは、願ってもない性的興奮さえも感じさせられる場面になっています。ゆえに心地よいのです。

男性攻略には、女性の「笑顔」と「ボディタッチ」の単純接触が最強の武器になる!

そもそも、ボディタッチ以前に、男性は女性から「笑顔」で遇されるのを好みます。

男性は、女性から笑顔で話しかけられると、「自分が好かれている」と感じ、無条件に嬉しくなるものだからです。

ものすごく、シンプルに脳が反応しているわけです。したがって、男性に対して、つねに笑顔で、軽くボディタッチしてくる女性は、間違いなくモテるようになります。

男性を速攻で嬉しくさせる相手だからです。こんな場面を、他の女性が目撃すると、「男性に媚びを売っている女」と映ります。そして、嫉妬の対象になり、こんな女性は嫌われます。

自分も男性に媚びを売ってモテたいのに、自分には出来ないという悔しさが、男性に媚びを売る女性を断罪するわけです。

女性が、「笑顔」と「ボディタッチ」で、男性の気を惹く時には、状況を選ばないとリスクがわけですが、この点にだけ注意すれば、どんな女性でも、これで男性にモテるようになるのは確かなのです。

女性が男性を籠絡するのは、とても容易ということです。

女性は「選ばれる性」の立場を活かすことが大事!

こうしたことを踏まえると、男性が女性にアプローチして仲良くなる場合と、女性が男性にアプローチして仲良くなる場合とでは、圧倒的に女性から近づいていくほうが有利で簡単ということがわかります。

基本的に、男性は選ぶほうの「性」で、女性は選ばれるほうの「性」だからです。

この本能的なはたらきを逆転させれば、女性は、容易に「玉の輿」さえゲットできるのです。

ぜひ、女性のみなさんは、こうした男性の弱みを衝いて、自分にとって好ましい男性をスピーディに攻略されることをおすすめしたいのです。

意中の異性に自分を注目させる効果的な方法

「好きな人」が自分に興味をもってくれない悲しい現実!

職場にいる、自分が片想いで好きな異性には、自分のことを知ってほしい、興味をもってほしい、注目してほしいと誰もが願います。

とりわけ自意識が過剰だと、相手が自分のことをどう思っているのか、とても気になります。そして、好きな人のことなので、その思いは何もしないでいると、ますます高じるものです。

しかし、それが何カ月も、何年も続くというのは、あまりにも悲しすぎます。

自分のほうから、積極的にアプローチ出来ない人にとっては、つねにこんな悩みがつきまとってしまうのです。

そして、実際に相手がまったく自分のことに興味をもっていない現実がハッキリするや、相当ガックリと落ち込みます。

しかし、これでは前にすすめないのです。こんな状況からは、一刻も早く脱却するようにしたいものです。

好きな人に対して、自然な形で、自分に興味をもたせる方法をお伝えしていきます。ぜひ一度、お試しください。

カクテルパーティー効果という不思議な現象!

心理学の「カクテルパーティー効果」 をご存じでしょうか。

カクテルパーティーの会場では、みんなが個別に雑談を繰り広げているため、非常に騒然としています。

せいぜい、目の前の人と向き合って話をするのが精一杯でしょう。そんな時、偶然にも誰かが自分のことを話題にしているとピンときて、その方向を見てしまうことがあります。

そして、「ああ、あそこで○○さんと○○さんが、自分の噂話をしているようだ」と発信源までわかります。これが「カクテルパーティー効果」と呼ばれる現象です。

これは、自分の話題だけでなく、気になる人の会話の内容までが、自然に聞こえてくる状況なのです。

脳のはたらきでは、「選択的注意」と呼ばれる現象になります。普通は、雑音に紛れて遠くの声は聞こえないはずなのに、なぜか自分のことが話題になっていたり、気になる人の声だけが、選択されたように察知出来るわけです。

この現象は、聴覚が主体になっていますが、実際は、視覚でも十分に生じる現象です。 視覚に訴える「カクテルパーティー効果」とは? 職場に片想いの人がいたら、その人をよく観察してください。

周囲の人と雑談していたら、どんな話題が選ばれているのか聞き耳を立てて盗み聞きすることです。どんなことに興味があるのか、リサーチするのです。

あるいは、周辺の人からその人の情報をいろいろ入手するのでもよいでしょう。

要するに、出身地であるとか、出身校や趣味、どこに住んでいるのか、どんな性格、タイプであるのか、そういった、その人の「人となり情報」を入手することです。

そして、忘れてならないのは、その人のデスク周りも子細に観察することです。デスクの上には、どんなものが置かれているかなどです。こうしたことで、いろいろなことがわかってくるでしょう。

男性の場合だと、茨城県水戸市出身で、大学は○○の経済学部、体育会系テニス部所属だった、Jリーグの○○チームのファンとか、アイドルでは乃木坂46 の○○ちゃんが推しメン、週に2日英会話学校に通っている、東横線の学芸大学駅が自宅最寄り駅で、ワンルームマンションに住んでいる….。

女性の場合だと、東京都目黒区出身で、JR目黒駅の自宅から通勤、大学は○○短大でラクロス部所属だった、実家は工務店を経営しており、3人姉妹の一番下、パソコンに詳しく、音楽はゴスペル好き、一時期ポケモンGOにはまっていた….。

相手の好きなモノのグッズを自分のデスク周りにも揃えておく

こんな情報を元にして、あなたの身の回りも、相手の傾向に合わせるようにセットすればよいのです。

たとえば、男性に合わせるなら、自分のデスクの上にJリーグの○○チームの卓上カレンダーを置く、テニスラケットを持ったフィギュアを置く、乃木坂 46 の○○ちゃんの団扇をペンケースに立てかけておく。

女性に合わせるなら、ポケモンのぬいぐるみをテーブル上に置き、ラクロスの競技解説ブックを並べ、ゴスペルのCDやDVDなどを見えるところに提示します。

こうしておくだけで、あなたのデスクを通りかかった意中の人は、「自分と共通するもの」に目を留め、必ず声をかけてくるものだからです。

その時に備え、それらの話題にも強くなっておくことで、簡単に仲良くなれるのです。これが、視覚を用いた、非常に効果的な「カクテルパーティー効果」の実践例になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。