思考力のある女性ほど男性からの興味は間違いなく増していく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
思考力のある女性

「口癖」というのは実に恐いものです。自分が何気なく、そして悪気なく言っている言葉が、その場の空気も、そして自分自身の幸運も、そして、恋の行く末までも決めてしまうのですから。

同じ「できない!」も「こうすればできるよね!」と言っている人のほうが、間違いなく、友人も仕事も恋も、思っている以上のものがやってきます。そういう人物には周りの人が「運」を運んできてくれるのです。物事にポジティブな女性は、言葉が災いして友人を失うことがありません。

同じNOを言うにも、相手が「指摘してくれてありがとう!」と感じるようなポジティブな空気をつくり、ますますファンにさせてしまいます。

一方、「あの女性、感じ悪い」と周りに思わせ、友人もビジネスチャンスも、運命の恋も逃してしまう女性も大勢います。あなたの周りにも、見回せばひとりやふたりはいるでしょう?

「私は賢いのよ」
「私はすごいのよ!」
と、自分のことを誇示したい女性です。

また、何かの拍子ですぐに「否定的な会話」を連発して雰囲気を壊す女性もいます。「そんなことしても、意味ないんじゃないの?」「そもそも、このプラン自体がおかしいのよね」 「そんなアイデア、難しいに決まっている」と否定するばかりで、その後の雰囲気がどうなるかなど考えることはありません。

その空間にみなぎっていた躍動感やメンバーのモチベーションを一気に下げてしまいます。自分が思うところの真実を伝えたいがゆえに、周りの雰囲気も考えず、話の腰まで折ってしまうのです。

男性は女性の「肯定的な口癖」「否定的な口癖」を聞き分けることによって、相手の本質を見分けます。

世の中、難しいことのほうが多いことぐらい、誰だって知っているはずです。それを「こうだから難しい、ああだから難しい」と批評して自分の理論を終える人は一見賢そうに見えますが、それは見かけだけです。

ムードを壊したことにも気がつかず、批判するばかりで自分では何も生み出さないからです。周りから見れば「わがままな女」がその場にいるだけにしか見えません。

「ここは難しいけれど、こうすればできるのでは?」という投げかけができる女性は、「こうすればできる」ところまでを考える余裕のある、思考力のある女性なのです。

男性はその違いを見分けます。そして「勝手に限界を決める女性」ではなく「つらくてもポジティブに挑戦することのできる女性」を選ぶのです。

ここで、ポジティブだと思われるための裏技をちょっとひとつ。自分が困難に陥った話をし、それを笑い飛ばしながら、どうやって解決したかという努力の過程を面白おかしく語るのです。あたかも、ドキドキワクワクの「冒険話」をするようなノリで話してみましょう。

ピンチのときに、前向きに明るくそれを解決し、今ではそれを笑い飛ばしているというイメージを男性に与えられれば成功です。

先述した「自分を笑い飛ばす魅力」に、この「困難をどうやって前向きに解決したか?」の魅力が加われば、効果倍増です。その瞬間、彼から見たあなた自身の印象にグッと深みが増します。

「彼女は見かけによらず結構ポジティブでタフなんだなあ。それにいろんな苦労や経験もしているんだ」彼からあなたへの興味は間違いなく増していくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。