合コンで会話を発展させマッチングの成功率を上げる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
合コンに参加した女性。

いろいろな男女の出会いがある中で、最も身近な存在なのが「合コン」です。ただし、合コンは、プラン、つまり計画を作らないで開催してしまうと、成功しません。

せっかく集まったのに、他愛もない会話をしただけで、解散してそれっきり、なんてことも多くあります。「今日は収穫なかったな」と思って終わりという、合コンによくありがちな失敗パターンになり、ただの飲み会になってしまいます。

それでは、まったくもって意味がありません。そうならないための方法を、ここではお伝えていきましょう。

合コンにテーマを持たせる

合コンを成功させるコツの1つが、合コンの雰囲気を変えてしまうこと。合コンに「テーマ性」を持たせると、雰囲気を一気に変えることができます。

「ちょっと小ギレイな服を着て、みんなでお洒落なイタリアンを楽しむ会」とか、「みんなで自分がおいしいと思うスイーツを持ち寄って食べる会」などと、あらかじめテーマを決め、「合コンである」という空気を和らげておくと、男女の会話がスムーズに進みます。

合コンだけをしようとすると、「出会いを探しに来ました」感が強く出すぎてしまいます。お互いが自分をよりよく見せようと競って緊張するため、硬い雰囲気になり、会話が盛り上がるまで時間がかかり、結局、何のための合コンだったのか?目当ての女性と仲良くなれなかったなんてこともよく聞きます。

「これは合コンじゃない、みんなでイタリアンを食べる会なんだ!」と言い切ってしまうことで、参加者はイタリアンを楽しみながらの会話となるため、自然体で話すことができる利点があります。

イタリアン料理で合コンするメンバー。

テーマ性のある合コンは、出会い以外のことも楽しめるので、非常に満足度が高くなり、その満足度の高さが、これからの恋愛にもよい影響を与えてくれるはずです。

「みんなで陶芸をしに行こう」「みんなで狂言を見に行こう」など、何かに出かけた後にみんなで食事をするというのも、成功しやすい合コンですね。

合コンする際は、何かしらテーマを作るように心がけましょう。

合コンは同じメンバーで開催する

恋愛は、同じ人と何度も出会うことで発展しやすくなるという有利な一面があります。  つまり、何度も同じ相手と会って、合コンという名の飲み会をすることで、次第に恋愛感情が湧きやすくなる可能性があります。

たとえば、「あんまり好みじゃないかな……」と思った相手だったのに何度か話すうちに「実は内面的に魅力があった」なんてことがわかり、恋愛に発展したというパターンは決して少なくありません。

人間なんて、一度、それも数時間話しただけではお互いを理解することはできませんから。「前回の合コンは、あまり盛り上がらなかったしね……」と思う相手メンバーでも1回きりで終わらせず、同じメンバーで何度か合コンを重ねるようにする意外なチャンスを得ることができるかもしれません。

役割はメンバー内でを決めておく

さて、これがいちばん大事なことなのですが、合コンでは男性陣が女性全員を楽しませなければなりません。女性は連帯意識が強いために、1人でも「つまらないな!」と思ってしまうメンバーがいると、他のメンバーも連鎖して「つまらない」と感じてしまうのです。

時には、女性メンバーの中に、「明らかに対象外」という女性がいることがありますね。そんな時に対象外だからといってその女性に声をかけることもなく明らかに放置されていると思われると、その合コンは必ず失敗します。対象外とされた女性が不機嫌になり、他の女性にもそれが連鎖して伝わってしまうからです。

出会いを求めて参加したのだから、「恋愛対象」となる目当ての女性と少しでも仲良くなりたい。そんな「対象外の女性」になんて眼中にないよ、と思うかもしれません。しかし、女性メンバーのテンションが下がってしまっては、同時に場の雰囲気も下がりその雰囲気が邪魔をして仲良くなりたくてもなれません。

そこでオススメなのが、「役割を決めておく」方法です。これは合コン成功の秘訣です。 対象外の女性を誰が対応するかを、事前に決めておくのです。合コンメンバーのうちの明るい男性1人を「盛り上げ役」に任命します。「盛り上げ役」になった男性は、対象外の女性、つまり「話しかけられていない女性」に話を振ったり、雰囲気を盛り上げたりして、楽しい合コンを演出していきます。

そうすることで、女性たちは「自分も楽しいし、メンバー全員が楽しく話ができている。これは楽しい合コンだ!」という認識になっていき、よりその場を楽しむだけではなく、その後も関係を続けてもよいと考えます。

この「盛り上げ役男性」は、公平を期すために、毎回持ち回りにするのが良いでしょう。男性4人で合コンメンバーを作っているのなら、4回合コンした時点で全員が「盛り上げ役」に一度はなるよう順番を決めておきます。

そうすることで、参加した男性の声をかける勇気と積極性が増して、盛り上げ役は自身にとってもプラスになるはずです。

みんなで持ち回りにしておけば、男性同士で妙な駆け引きもなくなるので、男性も気兼ねなく気に入った女性と話ができるようになります。

合コンの会話での注意点

最後に、合コンでの注意点を書いておきます。男性はつい、いいところを見せようと、自己PRをしたがってしまいます。

たとえば、「テニスをやっていた」と言うと、女性は「テニスをやっていたんだ、すごーい!」と持ち上げてくれたりします。本当にうれしいでよね。

でも実際のところ、女性は、男性を持ち上げて場の雰囲気を楽しくしようと努力しているだけで、すごいと思っているわけでも楽しんでいるわけでもありません。

まとめ

合コンで女性を楽しませるには、自分のことを語るのではなくて、女性の話を聞くことに徹しましょう。「すごいね!」「面白いね!」「わかるよ!」などと言って聞き手に徹すことで、女性はその時間を気持ちよく過ごすことができます。

男性は我慢することです。それが合コンで会話を成功させるコツなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。