ペアーズで会うまでのプロフィール作成の仕方から誘い方までの全手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ペアーズ(Pairs)で会う。

巷で話題のマッチングアプリ、ペアーズ。しかし、婚活や恋活など、従来の出会い系アプリよりは若干ですが真面目なイメージがあります。女性と会うことなどできないのでは?と思っている人も多いようです。

結論からいうと、ペアーズで相手と会うことは十分可能です。なぜなのか?それは、真剣に婚活している女性もいるが、そうではない女性もいるからです。そしてペアーズで会ってセックスしたいのであれば、そういった目的を叶う女性を見分ける必要があります。

恋人は欲しいと思っているけど、ふわふわしている感じの女性や暇つぶしでなんとなく会える男性を探す目的のために登録している女性を狙い、そういった女性に簡単なアプローチすることで、何度も会わずにセックスできる確率は抜群に上がります。

逆に女性の方が真剣に相手を探しているとなると、会ってすぐにセックスというのは当然のことですが難しくなります。

会えない人というのは、相手女性の選び方が間違っているのです。断言できますが、ペアーズで女性と会ってセックスをすることは技術と言っても過言ではありません。

ペアーズ。

目的が叶えられるプロフィールを作成する

まず、ペアーズではプロフィールがかなり重要になってきます。というか、ここですべて決まるといってもいいでしょう。

ネットで出会うために、必要な要素は何か?というと相手に与える安心感です。この人はどういう人なのか?具体的に女性に想像させることができれば勝つことができるのです。ペアーズには例文があるので参考にしてみてください。

自己紹介文を編集するときの、「例文を使う」というところをクリックすると、例文が出てきます。 仕事、趣味、休日の過ごし方、性格の4つの要素をストーリー調にまとめていくのが良いプロフィールになるコツです。

ペアーズであのプロフィール写真。

例えば、「趣味は筋トレです。」のようにサラっと書いても、相手にはイメージが伝わりません。そこで、たとえば、「太らないために週に2回ジムに行っていて、筋トレが趣味になりました。笑」のようにより詳しく書くと、イメージが伝わりやすくなります。

プロフィールはストーリー調に!

ストーリー調にすると、イメージが自然と相手に伝わるので、簡素に書くより相手に自分の印象が伝わりやすいのです。

例えばですが、「営業の仕事をしています」といっても、よくわかりません。

「私は、企業に提案するという仕事をしています。最初は人と喋ることが苦手でしたが、仕事を通じて自分の心持ち次第でお客さんの反応が変わるということを実感して、そこからやりがいが感じるようになりました。大変なこともありますが、周りの人にも恵まれてなんとか生きてます。笑」

こんな感じで、ストーリーとして自己紹介を作ると、なんとなく性格などが想像できますよね? 婚活アプリなので、これぐらい詳細に書いた方が反応は明らかに良くなります。

楽しそうな雰囲気が重要なので、「~な人はお断りです」みたいな、相手を精査するような発言は絶対にNGです。「―な人募集」みたいに、自分の希望を書くのもNGです。

ただし、「自分はお酒が好きなので、楽しく飲める人がいいなーと思ってます。飲み過ぎない程度にですけどね。笑」みたいに、こういった暗に自分の人柄を伝えながら希望をかくのはOKです。

要は相手に与える印象の問題なのです。「お酒を飲める人募集」などは、ちょっと乱暴な印象を与えることになります。

つぶやきの重要性

実は、プロフィール以外にもつぶやきが重要になります。 最初に相手の目に映るのは、写真、年齢、住んでる場所、いいねの数、つぶやきになるので、クリックしてもらえるような文言にすることがポイントです。

ではクリックしてもらえる文言とは何か?というと、「え、どういうこと?」と少し女性が不思議に思うことです。 「最近髪を切りました、その理由は…」みたいな。 何でもいいのですが、とりあえずクリックして自分のプロフィールに誘導することが重要なのです。

このつぶやきでインパクトを狙っている男性は、ほぼいないので差別化ができるメリットがあります。

「この人、ほかの男性と違うな!」と感じてもらうことでマッチングできる確立が上がるのです。

他の男性会員のプロフィールを参考にしよう!

良いプロフィールを書く一番簡単な方法は、反応の良い男性のプロフィールを「パクる」ことです。

自己紹介文の編集画面の下に、「他の男性会員を見る」というのがあるので、そこをクリックすると人気の男性会員が4人見ることが出来ます。

モテるプロフィールというのは、人によって変わってきます。「こういう文言で書こう」と伝えても、一人一人の個性があります。 そのため、「いいね」の多い男性をより多くみて、「パクる」のが一番早いのです。

出てくる4人は、人気のユーザーのプロフィールなので、間違いなく参考になります。 少し骨が折れる作業かもしれませんが、その4人のプロフィールを10回程度、つまり40人のプロフィールを見れば、なんとなく女性ウケの良いプロフィール、というのが理解できるようになりますのでドンドン取り入れましょう。

良い写真とは?

女性から好感度を持てる写真。

出会い系アプリには、やはり女性からすると「どんな人なんだろう?怖くないかな?」という恐怖心が付きまといます。 そこで掲載する写真でまず優先すべきことが、安心感を与えることです。

ファッションが重要になる

自分の写真は自然体がベストです。いうなれば、友達とカフェでリラックスしているような。 自撮りではなく、昼間の外の光を浴びて、出来る限り自然な笑顔が理想的です。さらに、複数の写真を掲載できますので、メインは自然な感じの写真、2枚目以降は趣味などを取り入れた写真を入れのが好印象を与えます。体全体の画像を掲載する場合はファッションが重要になってきます。

ネットで検索して、お洒落なメンズのランキングなどのコーディネートを参考にします。 基本的に、モテたいのであればモテる人を「パクる」ことです。

コーディネートがわかれば、あとはそのアイテムを購入するか、ユニクロやZARAなどで、似ているアイテムを購入しましょう。間違いなく普通の人よりお洒落になれますので恋愛においてのファッションはその程度で十分だと思います。

本物のお洒落ではなく、要は普通の人よりはお洒落なレベルでいいのです。

アポれるメッセージとは?

さて、ここまではマッチングするための詳しい施策を紹介しましたが、その後はどういうメッセージを送るのか?このメッセージで会えるかどうかが決まるわけです。

ペアーズに限らず、出会い系アプリに登録している女性は、男性から多くのメッセージがきます。 そのメッセージ内容は、同じような質問が多くなるはずです。

どこに住んでますか?仕事は~ですか?趣味は?のような。 それを知らずに、ありきたりなメッセージを送ると、「この男性も他と一緒じゃん!」と女性に思われてしまいます。

では、どうすれば良いかというと、普通の人が言いそうなことから一歩進めることで差別化ができます。 「韓国旅行が好き」と女性が書いてあるのであれば、「韓国旅行好きなんですかー?」というのが普通の質問です。 悪くはないのですが、ありきたりすぎます。

そこを、「韓国旅行、行きましょう、笑」といきなり誘ってみてはどうでしょう?

そのメッセージ内容で、軽い冗談を言える雰囲気にもなりますし、なにより現実に会える布石にもなります。 冗談が通じない真面目な女もいるのですが、そういう女性は会ってセックスをするには不向きになります。ここがポイントなのですが、男性は選ばれる側なのですが、気持ちの面ではこちらも女性を精査しているわけです。

誰でもいいわけではない、自分のハイセンスなノリについてこれる女性はいるかな?くらいの強気なマインドでいきましょう。そういった強気なマインドは高飛車と紙一重なのですが、確実に女性のM心を刺激します。

ただし、そういった強気な姿勢でありつつも、最大限に女性には配慮しましょう。

「焼き肉が好き」とかいてあったら、「焼き肉おごってください、笑」と言ってみたらどうでしょう。 「夏が好き」と書いてあったら、「俺は冬が好きです、笑」と言いましょう。「進撃の巨人が好き」とかいてあれば、「俺はよく巨人っぽいと言われます、奇行種です」と言いましょう。

変わった人って、実はモテるのです。その他大勢から抜きんでることを常に考えれば、おのずとメッセージにユーモアが生まれます。女性はよく真面目な人が好きだの誠実な人がうんぬんと言いますが、実際にそういう人でも、そもそも会うことはできないのです。

また、自分が狙うのはセックス目的のはずなので、こういうノリについてこれる女性に狙いを絞れば、確実に成功率は上がります。

といっても、安心してください。ペアーズでこのようなノリでアプローチを仕掛ける男性はほとんどいないため、女性は新鮮な感じを受け、ありきたりのメッセージを送るよりも確実にアポを取る確立は高まります。

どのようにして初回のデートに誘えばいいのか?

さて、メッセージのコツはお伝えしましたが、デートに誘えなければ意味がありません。 まず大抵の男性が行いやすいミスは、いきなり誘うということです。

いきなり、「今度ごはん行こうよ」では、女性も驚きます。 また、建前上、女性は断る生き物なのです。 そのために、最初にテストとして承諾をもらっておく必要があります。

具体的には、「映画好きなんだね、よかったら私と観に行ってください」と最初の方で冗談っぽく誘ってしまうのです。

さらに万全を期したいのであれば、その後に質問をしましょう。

「映画好きなのですね、よかったら私と観に行ってください、笑 ~もいいよね、興味あるなー、~って感じ?」このような感じで質問をいれると、相手の温度感を計ることができます。

まだ誘うのが早い場合には、後の質問に答える形でメッセージが続き映画の話はスルーされることがあります。しかし、映画を観に行ってもいいかな…と思っている場合は、映画を観に行く話にも関心が持たれるわけです。

女性は、基本的に答えづらいメッセージは面倒なのです。そのため、2つぐらいキーワードをいれてあげれば、どちらかに関心を持つことになります。

例えばまだ女性のことがよくわからない場合、「最近どんな映画みましたー?あ、その写真の景色すごい綺麗ですね」と2つフレーズを入れます。すると、映画の話と景色の話、どちらの話がしたいか、女性の返信してくる文量で判断できます。

休みを聞く場合も、「土日休みですか?なんかすごい忙しそうですね」と聞けば、YES、NO以外にも、忙しいというフレーズに何らかの反応が返ってくることが予想されます。 それが「土日休みですか?」だけだと、YES、NOのみですから、女性の方から次のセリフを考えなくてはなりません。

「はい」だけで返してくる女性もいますが、普通の女性の感性であれば、「あれ、なんか私から話題作らないといけない、えーと、じゃあ、逆に聞こうかな…」のように、考えてくれるはずです。

女性が返事を感覚的に返せて、ポンポンとリズムよく気まずくならないように配慮するため、なるべく気付かせずに気を使いながら返信しやすくします。

どのように誘うか?常に考えておく

さらに、「女性をどのようにして誘えばよいのか?」考える癖をつけましょう。

マッチングアプリはお互いがいいねし合っているので、メッセージは、あくまでも建前です。 結婚を希望している女性であれば厳しく精査するわけですが、なんとなく異性と交流して楽しければいいな!程度の気持ちの女性であれば、ノリの感覚です。

実際に結婚した人の話を聞いても「なんとなく」がほとんどです。 こういう条件があって、~して…みたいに、論理的に考えて結婚するために厳しく異性を精査している人など、ほとんどいません。 というべきか、そのような人は嫌われます。

たまたま、ノリが、タイミングが、その何かが合ったわけです。 その「何か」という不確定要素の確率を少しでも上げるために、重要になるのは誘う理由です。

例えばお酒の失敗談の話を女性としているとしたら。私であれば、その失敗談を理由に女性と会うことができないか?と考えます。

「え、じゃあお酒は飲まないの?」と聞き、飲む場合はそのまま誘えますし、飲まない場合もそこから誘う理由を探します。たまには飲もうよ!と誘うのも可能です。それが難しそうな場合であれば、ノンアルコールではどう?でもいいと思います。

逆に自分がお酒での失敗談があってトラウマになってるから、「○○~」みたいに、どう転んでも誘うことに邁進するのです。

「お酒飲めないんだ、じゃあ一緒にお茶かな、笑」と冗談っぽく言って、最初に承諾をとり、その後に本格的な誘いにはいります。 上記でも言いましたが、冗談でもいいから1度承諾をとっておく…というのが非常に重要です。

女性の方が本当に行きたくない相手だったら意味はないでが、いいねでマッチングしているわけですから、行きたくないとは思ってないわけです。さらに、メッセージが続く時点で、会ってもいいと思っているのです。

ペアーズで交流していると理解できると思うのですが、下手うちして女性が冷めてしまったら、メッセージは返ってこなくなります。ですから、冗談っぽく最初にYESをとっておいて、そのあと本格的に流れでオファーすれば、断られることはまずありません。

本当に忙しくて断られたとしても、代替案を出せばいいのです。「行くなら仕事終わり?それとも休日って感じー?」など、じりじり詰め寄っていけばよいのです。

女性は、妄想を得意とするので、次第にあなたの存在を意識するようになるでしょう。

実際に会ってからの戦術

女性と会うことが決まった場合に会う場所は、個室、あるいは半個室のある居酒屋です。 チェーン店でもいいのですが、「若干こだわっている」と感じる場所が良さそうです。

そういったお店をネットで検索して調べておきましょう。 可能であれば、事前に下見をお勧めします。 なぜ、下見したほうがよいのかというと、人間は慣れた場所の方が本来の力が発揮できるからです。

つまり、ホームで勝負しろと、ということです。 行きつけの店の方が、都合がわかるのでリラックスできるわけです。そのため、可能であれば女性を連れていく居酒屋を何件かストックしておきましょう。

事前に男友達と行ってみるのもお勧め

ホットペッパーで、「カップルシート」と検索すれば、それっぽいお店が多くヒットします。私の場合は、お店の味などは二の次にして、実際にお店に行ってみて、「なんとなくエロい雰囲気だな」と思う店ばかりをチェックします。

心理学的にも言われてますが、対面より横に座った方が親近感がわきます。また、照明も暗いお店の方が、雰囲気がエロくなるのでお勧めします。

二軒目はどうすればいいのか?

私の場合は居酒屋で1時間ほど会話をして、その後は大体カラオケになります。なぜかというと、密室なのでスキンシップやキスができるからです。それとひとつの場所にとどまるのは短い方が良いのです。 というのも、飽きさせないために、また、あなたの価値を上げるためにも、そんなに長い間女性と一緒にいない方がよいと思っています。

初心者に限って、長く女性といたがりますが、それは逆効果です。

私の場合3軒目はありません。

  • 居酒屋⇒カラオ⇒ホテル
  • 映画 ⇒居酒屋 ⇒ホテル
  • カフェ⇒カラオケ ⇒ホテル

二軒がマックスです。 三軒行ってもいいと思うんですけど、大切なのは「セックスする」ことです。二軒目でスキンシップも出来ないようであれば、その日は解散した方がいいです。

中途半端にスキンシップするなら、何もせずに解散した方がいいというのは、女性を不安にさせるからです。不安になった女性は「あれ?何もしてこなかったけど、なんでかな?」と思います。

あるいは、何も感じていないか。どちらにしても、次に勝負すればいいわけです。でも、中途半端にスキンシップやキスをしてしまって解散すると、「なんでキスしちゃったんだろ、次はセックスしてこようとするんだろうな」と、女性は興ざめてしまいます。

男性の感覚だと、「今日キスしたから、次会う時は…ムフフ」と思うわけですけど、この感覚が男女で違うのです。だから、手を出すなら最後まで、出さないならキッパリ解散で次回に勝負を持ち越します。

まとめ

アプリに登録している女性は、潜在的に恋人がほしい、男性とふれあいたい、と考えているわけです。 私たち男性が女性を妄想するように。

恋愛の話をする時のポイントは、恋人のようになるということです。

これは心理学の実験でも証明されているのですが、人は役割を演じるとその通りの人間に自分を無意識にポジショニングしてしまう…という心理があります。

つまり、恋人ごっこと本当の恋人というのは、脳内的には一緒なのです。 そういった心理を利用して女性と会って目的を達成しましょう。

最後に

会話に困ったら使う2つのテクニック

会話に困った時に使えるテクニックをお伝えします。

まず、話題がない時に「なんか喋って、笑」と言いましょう。これは何をしているかと言うと、そういうノリに立場決定をしています。

話題に困ることは、どんな場合でもあると思うのですが、大抵の男性は、なすすべなく気まずくなるか、あわてて付け焼刃の話題を持ち出します。

しかし、初対面ですから会話だって途切れます。そういった俯瞰して様子を口にするだけで、ユニークなノリになりますし、なにより男性優位にたつことができます。

つまり、これはイジリと同等の効果がある。「いや、~も、なんか言ってよ、笑」と返されればなおよし。

言い合える関係が築けるわけですね。 このノリにするというスキルは、ホテルに誘う時も役に立ちます。

2つ目のテクニックは、現在 ⇒ 過去 ⇒ 未来 ⇒ 恋愛へスライドというテクニックです。

例えば、女性の趣味がボルダリングだと。月にどれぐらい行ってるか?のように現在の状況を聞きながら、いつから好きになったの?ときっかけ(過去)を聞きます。

さらに未来の「え、じゃあ~みたいになりたいってこと?」と未来の話を聞きます。現在 ⇒ 過去 ⇒ 未来と話をきくと、自然に会話に深みが出るのです。

未来の話を聞いた後に恋愛にスライドします。「じゃあ、彼氏ともボルダリング行きたい!みたいな感じ?」と聞けばOKです。「 趣味も合うっていいよね!」のような話題にいくか、趣味は各々やればいいんじゃないみたいな流れにいくか。

どちらにしても最終的には恋愛話にもっていけばいいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。