ネット恋愛で片思いを成熟させる7つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
処女を重んじることが男女にとって無意味になる。

ツイッターは不特定多数の人が登録をしていて、偽名で使えたり、気軽にコメントを送ることができたりするので、便利なツールです。

しかし、その分、オープンな場でもあります。 ツイッターで知った人とどのようにすれば、恋愛は成就するのか。 どのようにすれば、両想いになれるのか。 ツイッターを使ったネット恋愛を成就させる6つの方法を説明します。

Twitter編

共通点をアプローチする

ツイッターのプロフィール欄はたっぷり記入する部分があります。 また、投稿も140字以内での投稿がメインになるので、発信する量が限られてきます。

それならば、見知らぬ人でも分かりやすいように、自分の趣味や好きなものをたくさん発信していきましょう。

そうすることで、共通点がある人どうしで知り合えるきっかけにも繋がります。 ゲームが好きならゲームが好きだ。 読書が好きなら読書が好きだ。 そのように、どんどん発信していくことが大事となってくるのです。

文にハートマークを使う

では、ツイッターの投稿についてお伝えします。 先ほど、自分の好きなもの、趣味をたくさん投稿すれば、相手も共通点を探し出して、 コメントをくれることがある。 そうお伝えしました。

では、相手の投稿にコメントをするときはどうすればいいのでしょう。 相手に投稿するときは少し工夫するに限ります。

それは、コメントにハートマークを使うのです。 ハートマークを使うことで「好意があるのだろうか。」と思わせることができます。

また、仲良くなりたい場合には、顔文字を使ってみたりすると、良いと思います。

ツイッターの投稿文字数は140字と制限されています。 この制限された中でどのように自分を表現するべきか考えて行かなくてはいけません。

このように文章にもハートマークを使ったり、顔文字を使ったりと工夫を行うことが重要になってきます。

フォローされているか調べる

SNSを介して実際にあったことがある人、少しだけあったことがある人、全くあったことがない人。でも、仲良くコメントのやり取りだけはしている。そんな仲もあるでしょう。

そんな時に確かめてほしいのが、「フォローされているかどうかです。」 もし、一度も会ったことがないが、コメントのやり取りはしている という中であってもフォローされていない場合がある。

フォローされていなければ、興味を持たれていないだけとみていいだろう。 しかし、一度でも会ってみたい。気になっている。という存在ならば、ツイッターではフォローされる。

このようにSNSでは、フォローされているかどうかは重要な判断材料とみなしていいだろ
う。

Facebook編

ネット恋愛において、Facebookの利用者はすごく多い。国内だけでも3500万人以上の人が利用しているのだ。

この記事を読んでいる人もFacebookを利用している人は多いのではないのではないだろうか。

Facebookは非常に便利で、Facebookを利用したマッチングアプリがたくさんあるので、登録しておいて損しないSNSになっているのだ。では、Facebookを利用する上でのネット恋愛のコツを伝授しよう。

ここでは、Facebookを通して、ネット恋愛に発展するやり方を伝授しましょう。 Facebookは本名性のSNSです。自分の顔写真と、名前を使って楽しむのが一般的になっています。

そのため、ツイッターほど意味の分からないユーザーは少ないのですが、自分の周囲にばれやすいことがあります。

「友だちかも?」という欄に自分の周りの人が表示されることもあるので、ネット恋愛での利用はくれぐれも注意するべきです。

コメントを送るようにする

Facebookにはコメントを送る機能がある。 相手の投稿した記事に対して、何かしらの反応を示す役割だ。

このコメント機能を利用して、アプローチしてみましょう。 例えば、好きな男性がいるのならば、その男性が記事を投稿するたびに適度なコメントを付けましょう。

「ワロタww」
「すごい!おもしろい」

など、褒め言葉でもなんでも大丈夫です。 とにかく適度な文章で送るのがいいのです。

ただし、あまり長い文章だと、相手はコメントを返すのに嫌がる可能性があります。 そのため、適度に意識してもらえるようなコメントを送るよう心がけましょう。

コメントを送る時間に気を付ける

さきほど「コメントを送る」ことを教えましたね。コメントを送ることで、相手に意識してもらえます。でも、コメントを送る時間にも注意をしましょう。

みなさんは、寝ている時間にコメントを貰っても、スル―しがちですよね。迷惑です。 夜中にコメントを送って、男性の眠りを妨げてしまったら男性はイライラしてしまう。

そのため、SNSでコメントを送るときは、みなさんが起きている時間に送ることが絶対条件です。

どんなに良いコメントも読んでもらわなければ意味がありません。 また、時間帯は昼食休憩中である、12時~14時の間、仕事が終わりひと段落した20時~23時の時間に送ると、相手にもゆっくり読んでもらえるので好印象にもつながります。

言葉遣いを丁寧にする

SNSでは「ワロタ」や「オモシロい!!」 など、失礼な言葉を連発しても良いと思います。

しかし、実際に会ったときにも、「ワロタ」など失礼な言葉を連発していれば、嫌われること間違いありません。居心地が悪いと思われてしまいます。

また、SNSでも、自分の性格やキャラクターが相手に伝わっていない場合は、まじめな言葉遣いで丁寧な口調でコメントをすることもおすすめします。

やはり、お互い素性が分からないものどうしなので、いきなり馴れ馴れしい言葉づかいはよろしくありません。

誕生日には祝いの言葉を送る

Facebookには、「今日は〇〇さんの誕生日です。」と知らせてくれる機能がある。 その誕生日になっている人にメッセージを送ることができるのです。

もし、Facebook上で気になる人がいるのであれば、メッセージを送ることをオススメします。

これは、誕生日に「おめでとう」と一言だけ送ってあげるだけでも嬉しい気持ちになります。 また、少し特別な感じがして、異性であれば意識してしまいます。 Facebookの便利な機能を使ってネット恋愛を発展させることも必要になってくるのです。

LINE編

LINEでのネット恋愛を成就する方法は割愛させてほしい。なぜならば、LINEとはツイッターやフェイスブックとは違い、親しい仲が連絡先を交換するツールなので、LINEを好感した仲は信頼がおける人という場合が多いからだ。

近年のインターネット、SNSの普及は目まぐるしいものがあります。 特にスマートフォンを一人一台持つようになってからは、ネット恋愛という言葉がたくさん出てきたように見えます。

しかし、ネット恋愛とはどんなものなのでしょうか。 ネットで、今の恋人と知り合ったという人は珍しくないはず。 そこで、ネットで知り合い、結婚までに至る 10 のコツを伝授します。

最初に覚悟を決めておく

ネット恋愛を成就する 10 のコツとして、お伝えしたいことがあります。それは、「ネット恋愛とは遠距離恋愛のようなもの」となります。

もしかすると、相手のユーザーは隠し事をしているかもしれません。どのような心境なのすらも分かりません。

そのことを踏まえると、ネット恋愛では遠距離恋愛のようなものになるのです。何も知らずに、ネット恋愛を行うよりも、「遠距離だ。」と覚悟をしながら楽しむと、気持ちも安定しやすくなります。

いつもの自分で連絡する

ココだけは外してはいけないポイントです。 それは、「自分を演じるのは止めておくこと」です。

ネット恋愛では、相手のことが見えないので、自分を演じてしまう部分があります。 しかし、無理に演じてしまうと、後々、後悔する場面が出てきたりトラブルの面が出てきます。

そのため、自分自身を演じることなく素の自分をアピールすることが大事になってきます。

ネット上での恋愛は素の自分が見えないので、注意する必要があります。

適度に連絡を取り合う

ネット恋愛では、適度に連絡を取り合うことが必須だ。なぜなら、実際には会うことのない遠距離恋愛のような、 特別な恋愛なので気持ちを繋ぎとめておくことが必要なのである。

では、どれぐらいの頻度で連絡するのがいいのでしょうか? それは1日1回は連絡を取り合いましょう。その方が、安全性が高まります。

コツとしては、日常生活や自分の時間を全てとられないぐらいがいいでしょう。ラフな感じで連絡をすると上手くいきやすい。

何回も何回も連絡を取り合うと、最初は楽しく感じる。 しかし、マンネリ化が進むと、だんだんメールや電話を億劫に感じてしまうものです。

自分の時間を確保したうえで連絡を取り合うのが上手くいくコツなのです。

親しくなってから顔写真を交換する

「顔写真を公開しておく」 インターネットはなるべく素の自分を公開しておくことが大事だ。 それは、顔写真においても同じことが言える。

男性の中には女性の顔写真を見たあと、すぐに音信不通にしてしまう男性がいる。 世の中には最低な男性も存在するのだ。 もちろんインターネットの世界でも例外ではない。

加えて男性のことを理解していないと男性の性格がわからないため、もしかしたら詐欺などに女性の顔写真を悪用してしまう可能性もあるのだ。

他にも男性のタイプに合っているか、合っていないかも重要になる。 彼氏は「大人しい女性」が好きだが、彼女の容姿が「明るい女性」だと親しくないうちは音信不通になってしまうかもしれない。

しかし、お互いの仲が良くなった後に顔写真を見せたら、タイプではなくても音信不通にはならないだろう。

彼氏に、 「顔写真を見せて」 と急かされても、慌てて自撮りはせず、焦らすように伸ばしておくといいだろう。

趣味をたくさん作る

ネット恋愛において、大前提となるのは「共通の趣味」を披露することです。 共通の趣味をたくさん作っておくことで、出会いの数が多くなったり、ネットでの会話も増えていくことでしょう。

例えば、「アニメが好き」「料理が好き」「仕事が好き」 といろいろな趣味を書いておくことで、この人は家庭的なのだろうか。 マジメな人だろうか。などの印象がアップします。

ネット恋愛は不完全なもののため、少しでも接点を増やす努力は必要である。 自分はどんな人なのかをアピールする必要が大事です。

ギャル語や軽い口調などはやめる

ネットで知り合った人と恋愛を発展させていきたいのであれば、軽い言葉を多用しないことをオススメします。

それは、相手の素性も分からない状態で、馴れ馴れしい言葉を使うと、アナタは気分がいいですか? 気分がいいわけありません。

素性が分からないのであれば、言葉使いに気を付けるところから始めなくてはいけません。

言葉遣いといっても敬語だけでもよくありませんし、馴れ馴れしすぎてもよくありません。 要するに、 ネット恋愛で知り合った彼氏と付き合いたいなら、ギャル語などの馴れ馴れしい言葉はやめておくことです。

男性は恋愛相手には軽い女性を選ぶが、結婚相手には家庭的で価値観が似ている女性を選ぶ。 彼氏と連絡を取り合うときにギャル語を使ってしまうと、 彼氏は女性が軽い性格だと勘違いをしてしまう。

本当の性格は家庭的でも、言葉だけでしか連絡手段が取れないため、 勘違いの可能性が高くなってしまうのだ。

結婚を真剣に考えているなら、できるだけ大人しく見える敬語を使うといい。 彼氏と何回も連絡を取り合って、お互いに仲良くなったと確信できるようになったら敬語をやめるのもいい方法だ。

SNSで不快になる発言はやめておく

アナタは不快な言葉を言われると傷つきますか? おそらく、不快な言葉をかけられて満足する人はいないでしょう。

ネットの世界でも同じことが言えます。 ツイッターやLINEで会話をしているのであれば、他人が不快になる言葉は避けた方が良い。

これは、「悪口」とみられてしまったり、「ネガティブ」とみられることもあります。 それを相手も感じてしまうとイヤな気落ちになったり、不安になるだろう。

また、不快になるような画像の投稿やURLの添付も厳禁だ。

LINEやSkypeでビデオ通話をする

SNSだけのやりとりでは不安だろう。 相手がどんな人なのか。 相手は何を考えているのか。 コレだけだと、不安でなかなかやり取りが難しいので、 LINEで電話してみたり、Skypeを使ってのやりとりを行うことで相手のことを理解することができます。

もし、SNSでの仲が良くなったなら、ビデオ通話で実際に会話をしてみるといい。 ビデオ越しに彼氏と会話すると、リアリティーが増し、自分が冷静になれる。

メールやLINEで会話をするのと、ビデオ通話で会話をするのとでは味わう感覚が違うものだ。

彼氏が動いたり会話をしている姿を見ると、気持ちが冷静になれる。 結婚を前提にした付き合いをしているなら、ビデオ通話などで彼氏と会話をしてみよう。

彼氏について気になるのなら直接、聞いてみる

彼氏と付き合っていると、彼氏の過去や現在なにをしているのかが気になるときがあるだろう。

「彼氏は過去にどんな女性と付き合っていたのだろう?」
「今、浮気をしていないだろうか」
「もっと彼氏のことを知りたい」

など、さまざまな疑問がわいた女性も少なくない。ここで彼氏について、インターネットで検索をかけてしまう女性がいる。

確かにインターネットは便利なものだが、だからといって全てのことが書かれているわけではない。

彼氏の情報など、個人情報流出でもされていない限り、全くわからないことだろう。 仮に書かれてあったとしても、その情報が嘘か本当かは彼氏しか知らない。

間違った情報を見つけてしまい、彼氏を疑ってしまうのが一番最悪な事態だろう。 彼氏について知りたいことがあったり、疑問がわいたりしたら、彼氏に直接たずねてみるのが一番いい方法だ。

間違っても、インターネットで調べたりしないようにしよう。

完全に信用してから実際に会う

ネットで知り合って、恋愛の過程を経て、その後は結婚に至る。 言葉にするのは簡単ですが、現実にはいろいろな不安が付きまとうものです。

もし、結婚するのであれば、実際に会わなくてはいけません。 女性にとってネットで知り合い実際に会うことは危険も付きまとうことです。

相手のことを理解しないまま会うと、命の危険が伴うケースもある。 ネットを利用して、実際に会うのは、相手を本当に信用してから実際に会うことをオススメします。

焦らずにインターネットで仲良くなってから会うようにしましょう。

まとめ

  • 最初に覚悟を決めておく
  • いつもの自分で連絡する
  • 適度に連絡を取り合う
  • 親しくなってから顔写真を交換する
  • 料理を学んでおく
  • ギャル語や軽い口調などはやめる
  • SNSで不快になる発言はやめておく
  • LINEやSkypeでビデオ通話をする
  • 彼氏について気になるのなら直接、聞いてみる
  • 完全に信用してから実際に会う

ネット恋愛で結婚をしたいのなら、最初に覚悟を決めておき、いつもの自分で連絡しよう。

適度に連絡を取り合って、親しくなってから顔写真を交換するのがいい。

あらかじめ料理を学んでおいて、ギャル語や軽い口調などはやめるようにしよう。

SNSで不快になる発言はやめておくのもいい方法だ。 LINEやSkypeでビデオ通話をして、彼氏について気になるのなら直接、聞いてみるのが一番いい。

実際に会うのは、完全に信用してからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。