ネット恋愛でコミニュケーションを成立させる9つの方法LINE編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ネット恋愛。

近年のインターネット、SNSの普及は目まぐるしいものがあります。 特にスマートフォンを一人一台持つようになってからは、ネット恋愛という言葉がたくさん出てきたように見えます。

しかし、ネット恋愛とはどんなものなのでしょうか。ネットで、今の恋人と知り合ったという人は珍しくないはず。そこで、ネットで知り合い、結婚までに至る10のコツをお伝えします。

ネット恋愛で結婚する9つのテクニック

ネット恋愛を成就する9のコツとして、お伝えしたいことがあります。 それは、「ネット恋愛とは遠距離恋愛のようなもの」となります。

もしかすると、相手のユーザーは隠し事をしているかもしれません。どのような心境なのすらも分かりません。

そのことを踏まえると、ネット恋愛では遠距離恋愛のようなものになるのです。何も知らずにネット恋愛を行うよりも、遠距離、と覚悟をしながら楽しむと気持ちも安定しやすいと思います。

1.いつもの自分で連絡する

ココだけは外してはいけないポイントです。それは、「自分を演じるのは止めておくこと」です。

ネット恋愛では、相手のことが見えないので、自分を演じてしまう部分があります。しかし、無理に演じてしまうと、後々、後悔する場面が出てきたりトラブルの元となります。そのため、自分自身を演じることなく素の自分をアピールすることが大事になってきます。

ネット上での恋愛は素の自分が見えないので注意する必要があります。

2.適度に連絡を取り合う

ネット恋愛では、適度に連絡を取り合うことが必須です。なぜなら、実際には会うことのない遠距離恋愛のような、特別な恋愛なので気持ちを繋ぎとめておくことが必要なのです。

では、どれぐらいの頻度で連絡するのがいいのでしょうか? それは1日1回は連絡を取り合いましょう。その方が、安全性が高まります。

コツとしては、日常生活や自分の時間を全てとられないぐらいがいいでしょう。ラフな感じで連絡をすると上手くいきやすいのです。 何回も何回も連絡を取り合うと、最初は楽しく感じるでしょう。 しかし、マンネリ化が進むと、次第にメールや電話が億劫に感じてしまうものです。

自分の時間を確保した上で連絡を取り合うのがストレスを感じさせないコツなのです。

3.親しくなってから顔写真を交換する

「顔写真を公開しておく」。インターネットはなるべく素の自分を公開しておくことが大事です。

それは、顔写真においても同じことが言えます。男性の中には女性の顔写真を見たあと、すぐに音信不通にしてしまう人がいます。世の中には最低な男性も存在しています。

もちろんインターネットの世界でも例外ではありません。加えて相手のことを理解していないと男性の性格がわからないため、もしかしたら詐欺などに女性の顔写真を悪用してしまう可能性もあります。

他にも男性のタイプに合っているか、合っていないかも重要になります。

相手は「大人しい女性」が好きだが、彼女の容姿が「明るい女性」だと親しくないうちは音信不通になってしまうかもしれません。

しかし、お互いの仲がよくなった後に顔写真を見せても、タイプでなくとも音信不通にはならないと思います。

相手から、「顔写真をみせてください」と急かれても自撮りをして見せないで、焦らすように伸ばしたらよいと思います。

4.趣味をたくさん作る

ネット恋愛において、大前提となるのは「共通の趣味」を披露することです。共通の趣味をたくさん作っておくことで、出会いの数が多くなったり、ネットでの会話も増えていくことでしょう。

例えば、「アニメが好き」「料理が好き」「仕事が好き」 といろいろな趣味を書いておくことで、この人は家庭的なのだろうか。マジメな人だろうか。などの印象がアップします。

ネット恋愛は、不完全なもののために少しでも接点を増やす努力は必要です。自分は「どんな人か」をアピールしなければなりません。

5.ギャル語や軽い口調などはやめる

ネットで知り合った人と恋愛を発展させていきたいのであれば、軽い言葉を多用しないことをオススメします。

それは、相手の素性も分からない状態で、馴れ馴れしい言葉を使うと、アナタは気分がいいですか? 気分がいいわけありません。

素性が分からないのであれば、言葉使いに気を付けるところから始めなくてはいけません。 言葉遣いといっても敬語だけでもよくありませんし、馴れ馴れしすぎてもよくはありません。

要するに、ネット恋愛で知り合った相手と付き合いたいのであれば、ギャル語などの馴れ馴れしくて軽い言葉ではなすのはオススメできません。

男性は遊び相手には軽い女性を選びますが、まじめな恋愛や結婚相手には家庭的で価値観が似ている女性を選ぶ傾向が強いのです。

相手と連絡を取り合うときにギャル語を使ってしまうと、相手は女性が軽い性格だと勘違いをしてしまいます。

本当の性格は家庭的でも言葉だけでしか連絡手段が取れないため、勘違いの可能性が高くなってしまうのです。結婚を真剣に考えているなら、できるだけ大人らしい敬語を使わなければなりません。

相手と何回も連絡を取り合って、お互いに仲良くなったと確信できるようになったら敬語を控えて普段に使う会話にもちこむべきでしょう。

6.SNSで不快になる発言はやめておく

あなたは、不快な言葉を言われると傷つきますか? おそらく、不快な言葉をかけられて満足する人はいないでしょう。

ネットの世界でも同じことが言えます。 ツイッターやLINEで会話をしているのであれば、他人が不快になる言葉は避けた方が良いのは当然のことです。

これは、「悪口」とみられてしまったり、「ネガティブ」とみられてしまうことになります。それを相手も感じてしまうと嫌な気持ちになったり、不安も感じるはずです。また。不快と思われるような画像の添付もおこなわないようにしましょう。

7.LINEやSkypeでビデオ通話をする

SNSだけのやりとりでは不安と感じることがあります。 相手がどんな人なのか?相手は何を考えているのか?など、不安でなかなかやり取りが難しくなったら、LINEで電話してみたり、Skypeを使ってのやりとりを行うことで相手のことをさらに理解することができます。

もし、SNSでの仲が良くなったなら、ビデオ通話で実際に会話をしてみるといいと思います。

ビデオ越しに相手と会話すると、リアリティーが増し、自分が冷静になれます。メールやLINEで会話をするのと、ビデオ通話で会話をするのとでは味わう感覚は全く違うものです。

相手が動いたり会話をしている姿を見ると、気持ちが冷静になれます。 仮に結婚を前提にした付き合いをしているなら、ビデオ通話などで彼氏と会話をしてみましょう。

8.相手について気になるのなら直接、聞いてみる

男性と付き合っていると、彼の過去や現在なにをしているのかが気になるときがあります。

「彼氏は過去にどんな女性と付き合っていたのだろう?」
「今、浮気をしていないだろうか」
「もっと彼氏のことを知りたい」

など、さまざまな疑問が沸くものです。ここで相手の名前で検索をする女性がいます。 確かにインターネットは便利なものですが、だからといって全てのことが書かれているわけではありません。

相手の情報など、個人情報流出でもされていない限り、全くわかりません。仮に書かれてあったとしても、その情報が嘘か本当かは相手しか知らないことなのです。

間違った情報を見つけてしまい、相手を疑ってしまうのが一番最悪な事態になります。 彼について知りたいことがあったり、疑問がわいたりしたら、相手に直接聞いてみるのが一番いい方法です。

9.完全に信用してから実際に会う

ネットで知り合って、恋愛の過程を経て、その後は結婚に至るケースがあります。言葉にするのは簡単ですが、現実にはいろいろな不安が付きまとうものです。

もし、結婚するのであれば、実際に会わなくてはいけません。女性にとってネットで知り合い実際に会うことは危険も付きまとうことです。

相手のことを理解しないまま会うと、命の危険が伴うケースさえもあります。ネットを利用して、実際に会うのは、相手を本当に信用してから実際に会うことをオススメします。

焦らずにインターネットで仲良くなってから会うようにしましょう。

まとめ

  • 最初に覚悟を決めておく
  • いつもの自分で連絡する
  • 適度に連絡を取り合う
  • 親しくなってから顔写真を交換する
  • ギャル語や軽い口調などはやめる
  • SNSで不快になる発言はやめておく
  • LINEやSkypeでビデオ通話をする
  • 彼氏について気になるのなら直接、聞いてみる
  • 完全に信用してから実際に会う

ネット恋愛で結婚をしたいのなら、最初に覚悟を決めておき、いつもの自分で連絡を取り合いましょう。

適度に連絡を取り合って、親しくなってから顔写真を交換してください。 また、ギャル語や軽い口調なども控えるのうにしましょう。

SNSで不快になる発言はやめておくのもいい当然のことです。LINEでビデオ通話をして、相手について更に理解をふかめてから会うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。