どんな関係でも「不倫は不倫」ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

不倫、と一口に言っても、いろんな形がある。一晩限りの関係から、金銭の給付を伴う愛人関係、将来、法律上の配偶者と離婚して結婚したいと考えているようなものまで、いろいろだ。

この実態の違いに応じて、法律や裁判での扱いは違ってくる。

浮気、火遊び

1回限りの関係が配偶者にばれて、騒ぎになることは現実には少ないだろう。

配偶者にばれるのは、特定の人物との関係が継続的に続く場合だ。一夜の情事には、わざわざ「不倫」という大げさな言葉を持ちだすまでもない。

「浮気」という軽薄な呼び名こそが似つかわしい。一晩限りのことであれば、それだけで不貞行為を原因とする離婚請求は認められないので、もしばれたら配偶者にひたすら謝罪することだ。

もちろん、相手は毎回違うが、たびたび浮気を繰り返していることが立証されれば、不貞行為を原因とする離婚請求は認められ、慰謝料を支払う必要が出てくるだろう。

人生には魔が差したとしか言いようのない瞬間もあるだろうが、習慣的な浮気にその言い訳は通用しない。

婚外恋愛

いわゆる「不倫」の多くがこの範疇に入るのではないか。単なる浮気より継続的な関係である。

最近の若い経済力のある独身女性は、異性から金銭を援助してもらうのはプライドが許さないし、またその必要性も感じていない。

金で割り切った愛人関係ではなく、また共同生活を土台とする夫婦関係でも、結婚を目的とする交際でもない、「恋愛至上主義」の婚外恋愛関係に興味を抱くようである。

お相手となる既婚男性も、この関係にのめりこみやすい。ホステスや愛人、風俗嬢相手のような対価を支払う恋愛ゲームではなく、妻帯者というハンディを負った自分が、「自由な」「本気の」恋愛をしているのだから。

もちろん男性が未婚者で女性が既婚者の場合、双方ともに配偶者のいる場合もあるが、「本気の不倫」ではこのケースが圧倒的に多いと思われる。

大真面目になればなるほど、当事者は彼らの恋愛が社会から受け入れられないところに『ロミオとジュリエット』のような悲劇性を感じるだろうが、不倫の恋を美化しすぎてはいけない。

現行の法制下では、離婚原因としての不貞行為、婚姻共同生活の平和を乱した不法行為という評価においては、「愛人関係」となんら変わらない。いわゆるセックスフレンドとて法的には同列であることを肝に銘じてほしい。

むしろ本気の関係だけに、さまざまなトラブルにつながる可能性があるので要注意だ。

愛人関係

擬似的恋愛やセックスを楽しむことを目的とした、金銭的給付を伴う男女の関係は、いわゆる「愛人関係」というべきだろう。

この種の愛人関係につきものの金銭給付の約束は、妻・夫のほかに恋愛やセックスの相手を確保することが目的であり、一夫一婦制を否定し「公序良俗」に反する契約として強く非難される。

前述した婚外恋愛と比べて、金銭関係が伴うため、親族関係のトラブルが生じることが多い。  公序良俗とは「公の秩序と善良の風俗」という用語の省略形で、民法第 90 条は「公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は無効とす」と規定している。

従って、仮に「愛人に対して毎月決められた金銭を渡す」という内容の愛人契約を書面に記したとしても、このような契約は公序良俗に反するので無効とされる。契約書に「愛人契約」という文言がなく、単純な贈与契約書の体裁をとっていても、実態に照らして支給の目的が愛人関係の維持だと判断されれば、契約は無効になる。

法律上、契約が無効になると、相手に約束した金銭の支払義務は契約締結時にさかのぼって消滅する。従って、愛人は約束の履行を迫ることはできない。

契約が最初から無効になったのだから、既に支払済みのお手当ても返して欲しいという声も聞くが、そのような虫の良い訴えもまた、法は救済しないのが原則である。

愛人側の違法性が顕著な場合だけ、例外的に返還請求が認められるに過ぎない。法は、愛人関係のいずれの当事者にも冷淡なのだ。

重婚的内縁関係

愛人関係では、相手に異性としての魅力がなくなったり、本人の経済的余裕がなくなったりすれば、関係は清算されるだろう。

ところが不倫関係の中には、当事者の一方または双方に法律上の配偶者がいるにもかかわらず、将来婚姻する意思を持って事実上の夫婦共同生活を送っているような関係がある。これを「重婚的内縁関係」という。

配偶者と離婚合意が成立し、現在は不倫相手と同居しているが、離婚届は子供の成人後に出す約束をしている場合などが典型で、法律婚の夫婦関係の実態が戸籍の上だけのものになっているケースである。

重婚的内縁関係には、愛人関係と正反対に、婚姻関係に近い法的保護が与えられる可能性がある。仮に、配偶者が離婚に応じてくれず、調停や裁判で争っている間にも不倫相手と同居生活が続き、重婚的内縁関係が成立していると認められれば、本来法律上の配偶者に認められるはずであった権利が重婚的内縁の配偶者に認められることもあり得る。

夫婦と同様の相互扶助義務・貞操義務が課せられる一方、法律婚が実体を失っている限りにおいては厚生年金の遺族年金、国民年金の遺族基礎年金、各種共済の遺族共済年金等の保護を受けられる場合すらある。さらに関係を解消する場合には、離婚の財産分与の規定も準用され、財産の確保もできる。愛人関係とはかなりの違いである。

不倫関係も共同生活を開始して、非日常的な恋の輝きがあせてくると、それと引き換えに法的保護の対象となっていくのである。

まとめ 不倫は文化か?

「不倫は文化だ」という言葉で、一躍有名になったトレンディドラマの俳優がいたが、不倫が主題の文化的作品というものは実際に数多くある。

たとえば、フローベールの『ボヴァリー夫人』、トルストイの『アンナ・カレーニナ』など、読んだことがなくてもタイトルくらいは目にしたことがおありだろう。

ボヴァリー夫人は医師の夫との退屈な結婚生活に満たされず、理想的な恋愛を求めて何人もの男性と不倫を重ね、借金に苦しみ、ついには自殺してしまう。この小説が発表された当時、多数の読者から不倫の描写に対する抗議や、公序良俗に反するとの告発がおこり、風紀の乱れを助長すると騒がれた。

『アンナ・カレーニナ』でも、主人公のアンナは頭の固い夫に失望し、真実の愛を不倫に求め、結局、自殺してしまう。

日本の古典からあげるなら、やはり『源氏物語』。光源氏は実の父親の妻・藤壺の女御と関係を持ち、不義の子をもうける。

子は後に冷泉帝となる。因果は巡って、光源氏の正妻・女三宮は密通相手の柏木の子、薫を産む。

夏目漱石の『それから』では、主人公の代助は、学生時代からの友人平岡の妻・三千代に激しい思いを寄せる。さらに続編とみなされる『門』では、かつて親友から奪った妻と暮らす主人公(宗助)が、自責の念に苛まれながら日々を送る。

不倫を題材とする映画もたくさん撮られており、例を挙げればきりがない。不倫が作家の想像力を刺激するのは古今東西共通ということで、かの俳優の主張も文化史的には的を射ているが、今後は彼自身の俳優業を文化というレベルにまで高めていただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。